○北広島市住民基本台帳ネットワークシステム委託管理規程

平成29年3月29日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」という。)の管理の委託及び住基ネットを利用して行う業務の委託(以下「管理委託等」という。)に係る手続等に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理委託等に係る手続)

第2条 住基ネットを管理し、又は利用する事務を所管する課等の長に相当する職(北広島市事務分掌規則(平成12年北広島市規則第20号)第4条第1項第4号に規定する課の長、同条第2項に規定する出先機関の長並びに同条第5項に規定する参事及び主幹の職をいう。)にある者は、管理委託等をしようとするときは、あらかじめ、次に掲げる業務を行わなければならない。

(1) 当該管理委託等を受けようとする者における住基ネットに係る情報の保護に関する管理体制その他セキュリティ対策の実施状況を調査すること。

(2) 当該管理委託等を受けようとする者に対し、市が定める情報セキュリティ基本方針及び情報セキュリティ対策基準の説明を行い、これらを遵守するよう求めること。

(3) 当該管理委託等に関し、次に掲げる事項をセキュリティ会議(北広島市住民基本台帳ネットワークシステムセキュリティ組織規程(平成14年北広島市訓令第14号)第6条に規定するセキュリティ会議をいう。)において審議し、同訓令第2条に規定するセキュリティ統括責任者の承認を得ること。

 業務の内容

 管理委託等をする理由

 第1号に規定する調査の結果

 その他必要と認められる事項

(平31訓令1・一部改正)

(契約書の作成)

第3条 管理委託等に係る契約書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

(1) 再委託の禁止又は制限に関する事項

(2) 住基ネットに係る情報が記載又は記録されているものについての次に掲げる事項

 保管、返還及び廃棄の方法に関する事項

 当該管理委託等に係る目的以外の利用の禁止に関する事項

 複製、複写及び第三者への提供の禁止に関する事項

(3) 住基ネットに係る情報の秘密の保持に関する事項

(4) 事故等の報告に関する事項

(5) 前条第1号に規定する調査と同様の調査を適宜実施することに関する事項

(委任)

第4条 この訓令に定めるもののほか、住基ネットの管理委託等に関し必要な事項は、総務部長が定める。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第1号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

北広島市住民基本台帳ネットワークシステム委託管理規程

平成29年3月29日 訓令第4号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第5章 市民生活/第2節 戸籍・住民基本台帳・印鑑
沿革情報
平成29年3月29日 訓令第4号
平成31年3月27日 訓令第1号