○北広島市企業職員の給与に関する規程

平成31年3月28日

水管規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、北広島市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和45年広島町条例第15号)の規定に基づき、企業職員の給与に関し必要な事項を定めるものとする。

(常勤職員等の給与)

第2条 企業職員のうち、常時勤務を要するもの及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占めるものの給与は、北広島市職員の給与に関する条例(昭和26年広島村条例第7号)及び北広島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例(平成25年北広島市条例第43号)の適用を受ける職員の例による。

(会計年度任用職員の給与)

第3条 企業職員のうち、会計年度任用職員(地方公務員法第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員をいう。第5条において同じ。)であるものの給与は、給料、地域手当、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、夜勤手当、宿日直手当及び期末手当とする。

(会計年度任用職員の給与の額及び支給)

第4条 企業職員のうち、フルタイム会計年度任用職員(地方公務員法第22条の2第1項第2号に掲げる職員をいう。以下この項において同じ。)であるものの給料及び手当の額並びに支給については、北広島市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例(令和元年北広島市条例第20号)の適用を受けるフルタイム会計年度任用職員の例による。

2 企業職員のうち、パートタイム会計年度任用職員(地方公務員法第22条の2第1項第1号に掲げる職員をいう。以下この項において同じ。)であるものの給料及び手当の額並びに支給については、北広島市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の適用を受けるパートタイム会計年度任用職員の基本報酬及び各種手当に相当する報酬並びに通勤手当に相当する費用弁償の例による。

(会計年度任用職員の給与の支払等)

第5条 企業職員である会計年度任用職員の給与の支払、給与からの控除、勤務1時間当たりの給与額の算出並びに旅費及び費用弁償については、北広島市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の適用を受ける会計年度任用職員の例による。

(委任)

第6条 この規程に定めるもののほか、企業職員の給与に関し必要な事項は、水道事業及び下水道事業の管理者の権限を行う市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成31年4月1日から施行する。

(北広島市企業職員の給与に関する規程等の廃止)

2 次に掲げる規程は、廃止する。

(1) 北広島市企業職員の給与に関する規程(昭和59年広島町水道事業管理規程第1号)

(2) 最高号俸等を受ける職員の給料の切替え等に関する規程(平成13年北広島市水道部管理規程第5号)

(3) 北広島市企業職員の寒冷地手当に関する規程(平成9年北広島市水道事業管理規程第2号)

(4) 北広島市企業職員の特殊勤務手当に関する規程(平成24年北広島市水道部管理規程第1号)

(5) 平成23年12月に支給する期末手当に係る特例措置に関する規程(平成23年北広島市水道部管理規程第11号)

(6) 北広島市企業職員の給与の臨時特例に関する規程(平成25年北広島市水道部管理規程第3号)

附 則(令和2年水管規程第2号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

北広島市企業職員の給与に関する規程

平成31年3月28日 水道部管理規程第4号

(令和2年4月1日施行)