○北広島市水洗便所改造資金貸付条例施行規程

平成31年3月28日

水管規程第9号

(趣旨)

第1条 この規程は、北広島市水洗便所改造資金貸付条例(昭和49年広島町条例第11号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付対象設備)

第2条 条例第1条に規定する水洗化工事の対象となる設備は、便器、排水設備及びこれらに附帯する設備とする。

(貸付対象工事)

第3条 条例第3条に規定する水洗化工事1件とは、次に掲げるものをそれぞれ1件とみなす。

(1) 大便器1個と小便器1個によるもの

(2) 大小兼用器1個によるもの

2 資金の貸付けは、1戸につき2件以上の水洗化工事を対象とすることができる。

(借受けの申請)

第4条 条例第5条の規定により資金の貸付けの許可を受けようとする者は、水洗便所改造資金貸付申請書(別記第1号様式)に次に掲げる書類を添付して提出しなければならない。

(1) 納税証明書

(2) 所得又は資産を証明する書類

(3) 資金の貸付けを受けようとする者が当該建築物所有者と異なるときは、その同意書

(4) 工事設計見積書

2 管理者は前項各号に掲げる書類のほか、必要と認める書類の提出を求めることができる。

(保証人の要件)

第5条 条例第6条に規定する連帯保証人は、次に掲げる要件を備える者でなければならない。

(1) 市内に住所を有する者

(2) 市民税を完納している者

(3) 相当の所得又は資産を有する者

(貸付けの決定及び通知)

第6条 管理者は、第4条第1項の規定による申請があったときは、資金の貸付けの可否を決定して、当該申請をした者に通知するものとする。

2 前項の通知は、別記第2号様式又は別記第3号様式による水洗便所改造資金貸付けに関する通知書により行うものとする。

(工事の施工)

第7条 工事は、前条の通知を受けた後、北広島市下水道条例(昭和46年広島町条例第21号)の定めるところにより施行しなければならない。

2 工事完了後、北広島市下水道条例第6条第1項の検査に合格したときは、水洗便所改造工事しゅん工検査合格通知書(別記第4号様式)を交付する。

(資金の貸付時期)

第8条 資金の貸付けは、前条第2項の水洗便所改造工事しゅん工検査合格通知書の交付後において行う。

(貸付決定の取消し)

第9条 管理者は、第6条第1項の規定により、貸付決定の通知を受けた者が、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、その決定を取り消すことができる。

(1) 条例及びこの規程に違反したとき。

(2) 虚偽の申請により、貸付けの決定を受けたとき。

(3) 水洗化工事を施工しようとする家屋の取壊し又は火災その他の災害により、その家屋が滅失したとき。

(4) 貸付けの目的を達成することができないと認めたとき。

(5) その他管理者が適当でないと認めたとき。

2 資金の貸付けが行われた後においても前項各号のいずれかに該当するときは、貸付金の償還残額を直ちに返還させるものとする。

(借受人の義務)

第10条 借受人は、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちにその旨を届け出なければならない。

(1) 借受人又は連帯保証人がその住所又は氏名を変更したとき。

(2) 借受人又は連帯保証人が仮差押え若しくは仮処分の執行、強制執行、競売の申立て等を受け、又は破産手続開始の申立てをし、若しくは受けたとき。

(3) 当該家屋を他人に譲渡し、又は改造した水洗便所を取り壊すとき。

(事務の一部委託)

第11条 条例第8条の規定により金融機関に事務を委託する場合は、事務取扱方法等について別に協定を締結するものとする。

(委任)

第12条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

北広島市水洗便所改造資金貸付条例施行規程

平成31年3月28日 水道部管理規程第9号

(平成31年4月1日施行)