○北広島市消防会議規程

令和2年6月18日

消防長訓令第4号

(設置)

第1条 消防行政の適正かつ効果的な執行を図り、円滑な意思決定を行うため、北広島市消防会議(以下「消防会議」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この訓令において「課長等」とは、次に掲げる職にある職員をいう。

(令3消防長訓令1・一部改正)

(会議の種類等)

第3条 消防会議の種類及び意義は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 管理職会議 消防行政上の運営の基本方針及び重要施策を協議決定し、重要事項を報告、伝達、指示及び調整する会議をいう。

(2) 本部会議 消防行政の遂行に伴う北広島市消防本部(以下「消防本部」という。)の調整に関する会議をいう。

(3) 署会議 消防行政の遂行に伴う北広島市消防署(以下「署」という。)及び署出張所の調整に関する会議をいう。

(4) 課長会議 消防行政の遂行に伴う組織全体の運営に関する会議をいう。

(5) 担当者会議 所管事務の研究及び担当間の調整を図る会議をいう。

(構成員及び付議事案)

第4条 消防会議の構成員及び消防会議に付議すべき事案(以下「付議事案」という。)は、別表に定めるとおりとする。

2 課長等は、次に掲げる事項を必要な消防会議に報告しなければならない。

(1) 関係機関からの通知等により、消防本部に影響のある事項

(2) 重要な業務の執行状況及び変更に関する事項

(3) 前2号に掲げるもののほか、課長等が報告する必要があると判断した事項

(消防会議の主宰者)

第5条 消防会議を主宰する者(第7条及び第8条において「主宰者」という。)は、次の各号に定める会議の種類の区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 管理職会議 消防長

(2) 本部会議 消防本部次長(以下「次長」という。)

(3) 署会議 署長

(4) 課長会議 消防本部総務課長(以下「総務課長」という。)

(5) 担当者会議 担当課長等(付議事案を所管する課長等をいう。以下同じ。)

(付議手続)

第6条 課長等は、その所管事項のうち付議事案があるときは、あらかじめ消防会議付議事案書(別記様式)に必要な資料を添え、総務課長に提出しなければならない。ただし、担当者会議については、この限りでない。

2 総務課長は、付議事案があると認めるときは、その所管する課長等に対し、消防会議に付議するよう求めることができる。

3 総務課長は、付議事案について、必要な調整及び整理を行い、消防会議に提出するものとする。

(会議開催)

第7条 消防会議は、主宰者が招集する。

2 消防会議の進行は、次の表に掲げる者が行う。ただし、当該者に事故があるとき、又は当該者が欠けたときは、主宰者が指名する者がその職務を代理する。

種類

消防会議を進行する職員

管理職会議

次長

本部会議

総務課長

署会議

消防課長

課長会議

総務課長

担当者会議

担当主査(付議事案を所管する主査をいう。以下同じ。)

3 消防会議は、事案が消防会議に付議された場合に開催することとし、開催日は総務課長が調整し、別表に定める構成員に周知する。ただし、主宰者が必要と認めるときは、臨時に開催することができる。

(令3消防長訓令1・一部改正)

(持ち回り審議)

第8条 主宰者は、消防会議を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるときは、付議事案について、持ち回りにより、審議させることができる。

(結果の通知)

第9条 総務課長は、必要に応じ、消防会議の審議結果について関係職員に通知しなければならない。

(庶務)

第10条 管理職会議及び課長会議の庶務は、消防本部総務課において行う。

2 前項以外の消防会議の庶務は、付議事案を所管する課において行う。

(委任)

第11条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

この訓令は、令和2年6月25日から施行する。

附 則(令和3年消防長訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

別表(第4条、第7条関係)

(令3消防長訓令1・一部改正)

種類

構成員

付議事案

管理職会議

消防長

次長

署長

課長等

(1) 消防行政上重要な事項

(2) 重要な事業又は行事に関する事項

(3) 予算編成方針に関する事項

(4) 組織全体に影響する事項

(5) 組織の全体に対する通知及び報告に関する事項

(6) その他消防行政に関し必要な事項

本部会議

次長

消防本部課長

(1) 消防本部としての取組が必要な事項

(2) 担当者会議で結論が得られない事項

(3) その他消防本部事務に関し必要な事項

署会議

署長

署課長

所長

主幹

(1) 災害活動上必要な事項

(2) 署及び署出張所全体として協議すべき事項

(3) 担当者会議で結論が得られない事項

(4) その他署及び署出張所の事務に関し必要な事項

課長会議

課長等

(1) 所属間の事務の連絡調整に関する事項

(2) その他連絡調整に関し必要な事項

担当者会議

担当課長等

担当主査

担当スタッフ

(1) 所管事務の課題の把握及び解決に関する事項

(2) その他所管事務に関し必要な事項

備考 この表において「担当スタッフ」とは、付議事案を所管する北広島市消防本部組織規則第3条第4項に規定する主任、主事及び技師並びに北広島市消防署組織規則第3条第3項に規定する主任及び技師のことをいう。

画像

北広島市消防会議規程

令和2年6月18日 消防長訓令第4号

(令和3年4月1日施行)