○北上市下水道条例第15条第1項に規定する指定工事店の指定の取消し又は効力の停止の期間について

平成20年4月1日

水道告示第1号

北上市下水道条例第15条第1項に規定する指定工事店の指定の取消し又は効力の停止の期間について、北上市下水道規程第13条第1項に基づく違反行為に係る点数及び累積点数により、次のとおり定めた。

1 違反行為及び点数

 

該当区分

違反行為

点数

1

北上市下水道条例第15条第1項第1号

条例第9条第1項各号に適合しなくなったとき。

100

2

同項第2号

条例第6条第1項の規定に違反し、排水設備等の計画の確認を受けないで工事を施行したとき。

100

3

同項第2号

条例第16条に規定する排水設備責任技術者の職務等に違反したとき。

50

4

同項第2号

排水設備等の工事の申込みを受けた場合に、正当な理由がなく拒んだとき。

20

5

同項第2号

排水設備等の工事の全部又は大部分を一括して第三者に委託し、又は請け負わせたとき。

80

6

同項第2号

指定工事店としての自己の名義を他の者に貸与したとき。

80

7

同項第3号

条例第12条第1項の規定による届出をしなかったとき。

30

8

同項第3号

条例第12条第1項の規定による届出をする際に虚偽の届出をしたとき。

100

9

同項第4号

排水設備等の工事の検査立ち会いの求めに対し、工事を施行した指定工事店に専属する排水設備責任技術者が、正当な理由なく立ち会わなかったとき。

20

10

同項第5号

排水設備等の工事に関し必要な報告又は資料の提出の求めに対し、正当な理由なくこれに応ぜず、又は虚偽の報告若しくは資料の提出をしたとき。

20

11

同項第6号

施行する排水設備等の工事が公共下水道の施設の機能に障害を与え、又は与えるおそれが大きいとき。

50

12

同項第7号

不正の手段により指定工事店の指定を受けたとき。

100

注 5の項中「大部分を一括して第三者に委託し、又は請け負わせた」とは、当該工事を申請した指定工事店に専属する排水設備等責任技術者が条例第16条第1項各号の職務を行わず、第三者に委託し、又は請け負わせたときをいう。

2 累積点数による指定の取消し又は効力の停止期間

累積点数

指定の取消し又は効力の停止期間

100点以上

指定の取消し

80点以上100点未満

指定の停止 処分した日から1年

50点以上80点未満

指定の停止 処分した日から6月

北上市下水道条例第15条第1項に規定する指定工事店の指定の取消し又は効力の停止の期間につ…

平成20年4月1日 上下水道事業告示第1号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第6章 下水道
沿革情報
平成20年4月1日 上下水道事業告示第1号