○北本市公共下水道使用料条例施行規則

昭和56年4月1日

規則第14号

注 平成27年10月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は、北本市公共下水道使用料条例(昭和55年条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用月の始期及び終期)

第2条 条例第2条第2号の規定による使用月の始期及び終期は、次のとおりとする。

(1) 水道水を使用した場合及び水道水以外の水を使用した場合で揚水量の計測装置を取り付けた場合は、その水道メーター及び計測装置の前回の検針日の翌日から次回の検針日までとする。

(2) 水道水以外の水を使用した場合(揚水量の計測装置を取り付けた場合を除く。)は、月の始めから月の終わりまでとする。

(汚水排除量の算定)

第3条 条例第4条第1項第1号ただし書の場合については、世帯人員、業態その他の状況を勘案して市長が認定する。

2 条例第4条第1項第2号に規定する市長が認定する1月当たりの汚水の量は、1世帯4人までは、1人につき8立方メートルを合計して得た数とし、4人を超える場合は、1人増すごとに4立方メートルを当該得た数に加算して得た数とする。ただし、当該汚水の量が、水道水の使用水量より少ない場合は、当該水道水の使用水量とする。

3 前項の規定にかかわらず、条例第4条第3項の規定により計測装置を取り付けた場合は、当該計測装置により測定された揚水量及び水道水の使用水量(測定又は計量が隔月に行われるものについては、当該測定又は計量された水量に2分の1を乗じて得た水量)を合計して得た数とする。

(平27規則30・一部改正)

(汚水排除量の申告)

第4条 条例第4条第1項第3号の規定による申告は、汚水排除量申告書(様式第1号)によるものとする。

(変更の届出)

第5条 条例第5条の規定による届出は、公共下水道変更届出書(様式第2号)によるものとする。

(使用料の減免)

第6条 条例第8条の規定により使用料を減免することができる場合は、次の各号の一に該当するときとする。

(1) 天災又はこれらに類する災害を受け使用料を納入することが困難であると認められる場合

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による生活扶助を受けている場合

(3) その他市長が必要と認めた場合

2 使用料の減免を受けようとする者は、下水道使用料減免申請書(様式第3号)により申請しなければならない。

3 市長は、前項の申請があったときは内容を審査し、その適否を決定し、下水道使用料減免決定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

4 使用料の減免を受けた者は、その減免の理由が消滅したときは速やかに市長に届け出なければならない。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年規則第11号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成4年規則第1号)

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成4年規則第58号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年規則第7号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成8年規則第21号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第5号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成16年規則第13号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第27号)

この規則は、平成17年6月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第13号)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

2 平成19年4月1日前に交付された各様式については、この規則による改正後の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成27年規則第30号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第13号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

(平28規則13・全改)

画像画像

北本市公共下水道使用料条例施行規則

昭和56年4月1日 規則第14号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第4章 下水道
沿革情報
昭和56年4月1日 規則第14号
平成元年3月29日 規則第11号
平成4年2月1日 規則第1号
平成4年12月18日 規則第58号
平成7年3月15日 規則第7号
平成8年3月29日 規則第21号
平成9年3月24日 規則第5号
平成16年3月31日 規則第13号
平成17年5月31日 規則第27号
平成19年3月26日 規則第13号
平成27年10月22日 規則第30号
平成28年3月31日 規則第13号