○甲府市マウントピア黒平条例

平成3年3月20日

条例第7号

(目的及び設置)

第1条 この条例は、森林の有する公益的機能の高揚及び利用者の保健休養を図り、併せて地域の振興に資するため、甲府市マウントピア黒平の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 本市に、甲府市マウントピア黒平を設置し、その名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

甲府市マウントピア黒平

甲府市黒平町

(事業)

第3条 本市は、第1条の目的を達成するため、甲府市マウントピア黒平(以下「マウントピア黒平」という。)において次の事業を行う。

(1) マウントピア黒平の利用公開に関すること。

(2) マウントピア黒平を利用してのレクリエーションに関すること。

(3) 地域の振興に資する事業に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、マウントピア黒平の設置の目的を達成するために必要な事業

(施設)

第4条 マウントピア黒平に別表に掲げる施設を置く。

(指定管理者による管理)

第5条 マウントピア黒平の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(平17条例19)

(指定管理者の業務)

第6条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(平17条例19)

(1) 第3条各号に掲げる事業の実施に関する業務

(2) 利用の許可に関する業務

(3) 施設、設備等の維持管理に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が定める業務

(休業日及び利用時間)

第7条 マウントピア黒平の休業日は、12月28日から翌年1月4日までとする。

(平17条例19)

2 マウントピア黒平の利用時間は、宿泊者以外は午前9時から午後5時までとする。

(平17条例19)

3 前2項の規定にかかわらず、指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、臨時に開業し、若しくは休業し、又は利用時間を変更することができる。

(平17条例19)

(利用の禁止又は制限)

第8条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、マウントピア黒平の利用を禁止し、又は制限することができる。

(平15条例33・平17条例19・改)

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(3) 許可なく、営業又は営利を目的として利用するとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められるとき。

(利用の許可)

第9条 別表に掲げる施設のうち、規則で定める施設の利用については、指定管理者に申請し、許可を受けなければならない。

(平17条例19・改)

2 指定管理者は、前項の許可をする場合において、必要があると認めるときは、条件を付すことができる。

(平17条例19・改)

(利用許可の取消し等)

第10条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、施設の利用の許可を取消し、又は利用を制限し、若しくは停止することができる。この場合において、これらの処分により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が損害を受けても、指定管理者は、その賠償の責めを負わない。

(平15条例33・平17条例19・改)

(1) 利用者が、利用許可を受けた目的以外に利用し、又は利用条件に違反したとき。

(2) 利用者が、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(3) 第8条各号のいずれかに該当すると認められるに至ったとき。

(4) 災害その他の事故により、利用を許可した施設が使用できなくなったとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が特に必要があると認めるとき。

(利用料金)

第11条 利用者は、別表に掲げる施設の区分に従い、利用料金を支払わなければならない。

(平17条例19・改)

2 前項に定めるもののほか、利用者は、器具等を利用する場合は、規則で定める額の利用料金を支払わなければならない。

(平17条例19・改)

3 市長は、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(平17条例19・改)

(利用料金の減免)

第12条 指定管理者は、市長が別に定めるところにより、前条の利用料金を減額し、又は免除することができる。

(平17条例19・改)

(損害賠償の義務)

第13条 故意又は過失により、施設、設備等に損害を与えた者は、その損害額を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、その額を減じ、又は免除することができる。

(平17条例19・改)

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例19・改)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成3年規則第32号で平成3年8月1日から施行)

(議会の議決に付すべき公の施設の廃止及び長期かつ独占的利用に関する条例の一部改正)

2 議会の議決に付すべき公の施設の廃止及び長期かつ独占的利用に関する条例(昭和43年3月条例第5号)の一部を次のように改正する。

次のよう 略

附 則(平成4年12月21日条例第44号)

1 この条例は、平成5年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の許可を受け、かつ、当該許可に係る使用料の納入がされている者に係る当該使用料の額については、なお従前の例による。

附 則(平成5年3月22日条例第5号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月23日条例第4号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月25日条例第30号)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の許可を受け、かつ、当該許可に係る使用料の納入がされている者に係る当該使用料の額については、なお従前の例による。

附 則(平成15年9月17日条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年6月17日条例第19号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月27日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(利用料金に関する経過措置)

4 この条例(第7条、第9条、第13条、第14条、第21条及び第22条の規定に限る。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、施行日以後に行う利用の許可に係る利用料金について適用し、施行日前に行った利用の許可に係る利用料金については、なお従前の例による。

別表(第4条、第9条、第11条関係)

(平4条例44・平5条例5・平6条例4・平9条例30・平17条例19・令元条例12・改)

施設

利用料金

摘要

利用区分

金額

コテージ(5人用)

1泊

1棟当たり 11,000円

暖房利用料金 540円

日帰り

1棟当たり 5,500円

暖房利用料金 320円

浴室

無料

 

休養室第1

休養室第2

炊事棟

バーベキュー棟

駐車場

林間歩道

林間広場

その他の施設としてレストラン、売店を置く。

備考

1 1泊とは、午後3時から翌日の午前10時までの利用をいう。継続して2泊以上する場合の到着日及び出発日を除く期間中の午前10時から午後3時までの時間は、1泊の時間に含むものとする。

2 日帰りとは、午前10時から午後3時までの利用をいう。

3 浴室を利用できる者は、コテージ利用者に限るものとし、利用時間は、午後2時から午後8時までとする。

甲府市マウントピア黒平条例

平成3年3月20日 条例第7号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第9類 市民生活/第5章 市民施設
沿革情報
平成3年3月20日 条例第7号
平成4年12月21日 条例第44号
平成5年3月22日 条例第5号
平成6年3月23日 条例第4号
平成9年3月25日 条例第30号
平成15年9月17日 条例第33号
平成17年6月17日 条例第19号
令和元年9月27日 条例第12号