○甲府市墓地条例施行規則

昭和34年10月16日

規則第32号

(目的)

第1条 この規則は、甲府市墓地条例(昭和31年4月条例第9号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(昭39規則70・改)

(使用許可の申請)

第2条 条例第2条の規定により墳墓地の使用許可を受けようとする者は、墳墓地使用許可申請書(第1号様式)に住民票の写しを添えて市長に提出しなければならない。

(昭45規則12・全改、昭59規則5・改)

(使用の許可)

第3条 市長は、墳墓地の使用を許可した者には墳墓地使用許可証(第2号様式。以下「使用許可証」という。)を交付するとともに、墳墓地使用許可証交付簿(第3号様式)に登載するものとする。

(昭45規則12・全改、昭59規則5・改)

2 市長は、前項の許可にあたり必要があると認める場合は、条件を付することができる。

(昭45規則12・全改、昭59規則5・改)

第4条 削除

(昭45規則12)

(使用許可の特例)

第5条 条例第3条第2項により、本市以外に住所を有する者が墳墓地の使用許可を受けようとするときは、被埋葬者が本市住民でなければならない。

(昭45規則12・改)

2 前項の許可を受けようとする者は、被埋葬者との続柄、その他身分関係を証明する書類を添付して申請しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第5条第1項ただし書により、使用料の減額又は免除を受けようとする者は、墳墓地使用料/減額/免除/申請書(第4号様式)に、その事由を証する書類を添えて申請しなければならない。

(昭45規則12・昭59規則5・改)

(使用料の納期)

第7条 条例第5条に規定する使用料のうち、第2年以降の使用料の納期は、7月1日から同月31日までとする。

(使用料の還付)

第8条 条例第6条ただし書に規定する使用料の還付は、墳墓地を使用しない前に使用権を返還した場合に限るものとし、還付金額は、許可のとき納入した使用料のみについて、次の算式により計算した額とする。

(昭45規則12・昭59規則5・改)

使用料×((10-経過年数)/10)=還付金額

2 前項の計算において、経過年数に1年未満の端数を生じたときは、その端数は1年として計算する。

3 第1項により、使用料の還付を受けようとする者は、墳墓地使用料還付請求書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(昭45規則12・改)

(墳墓施設等の承認申請)

第9条 条例第7条による承認を受けようとする者は、墳墓施設等設置承認申請書(第6号様式)に使用許可証及び工事人の署名した次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(昭45規則12・改)

(1) 設計書

(2) 設計図

(3) 仕様書

2 前項に規定する申請書及び書類の提出部数は、2部とする。

(昭59規則5)

(墳墓施設等の基準)

第10条 墓碑その他の墳墓の施設基準は、次のとおりとする。

(昭45規則12・全改、昭59規則5・昭63規則19・平26規則14・改)

(1) 墓碑は、1区画1基に限るものとし、100型においては、幅1.5メートル以内、高さ2メートル以内とし、その他の型式においては、幅1メートル以内、高さは1.5メートル以内とする。

(2) 墓碑の正面方向は、墓参道に面するよう建設すること。

(3) 地下納骨施設の大きさは、間口、奥行き及び深さをそれぞれ1メートル以内とすること。

(4) 地上納骨施設の建設は、市長が特別の事由があると認める墳墓地に限り行うことができるものとし、その位置は、区画の境界から0.7メートル以上はなし、高さは墓碑を含め、2.5メートル以内とすること。

2 碑石、形象類の範囲及び設置基準は、次のとおりとする。

(昭45規則12・全改、昭59規則5・改)

(1) 後世に伝うべき事蹟、功績を顕彰するもの又は崇高な芸術的形象物であること。

(2) 碑石、形象類の幅及び奥行きは、5メートル以内とし、高さは2.5メートル以内とすること。

3 前2項以外の工作物の設置及び植栽の基準は、次のとおりとする。

(昭45規則12、昭59規則5・改)

(1) かこいは、背面の生垣のみとすること。

(2) 植栽は、常に高さ1メートル以内に整型できる樹種とし、隣地又は通路に支障を及ぼさないようにすること。

4 盛土の基準は、次のとおりとする。

(昭45規則12、昭59規則5・改)

(1) 盛土の高さは、境石止0.2メートル以内とすること。

(2) 盛土の土留工事は、境石壁の内面以内とすること。

5 前各項に定める高さとは、盛土の地盤面から設備の最高部までをいう。

(昭45規則12)

6 墓碑その他の墳墓の施設の形状は、別記に定める規格をもって標準とする。

(昭45規則12、昭59規則5・改)

(使用料の返還)

第11条 墳墓地の使用権を返還しようとする者は、墳墓地使用権返還届(第7号様式)に使用許可証を添えて届け出なければならない。

(昭45規則12・改)

(使用権の承継)

第12条 墳墓地の使用権の承継については、民法(明治31年法律第9号)第897条の規定を準用する。

(昭45規則12・改)

2 墳墓地の使用権を承継しようとする者は、その原因が生じた日から3月以内に墳墓地使用権承継承認申請書(第8号様式)に使用許可証及び承継を証する書類を添えて市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(昭45規則12・改)

3 市長は、前項の申請を承認したときは、使用許可証に承継事項を記載して返付する。

(使用許可証の再交付)

第13条 使用許可証を亡失又は汚損したときは、墳墓地使用許可証再交付申請書(第9号様式)にその事実を証する書類を添えて市長に提出し、再交付を受けなければならない。

(昭45規則12・改)

(使用許可証記載事項の改訂)

第14条 使用許可証の記載事項に変更を生じたときは、墳墓地使用許可証記載事項変更届(第10号様式)に使用許可証及びその事実を証する書類を添えて市長に届け出て、記載事項の改訂を受けなければならない。

(焼骨の埋蔵又は収蔵)

第15条 墳墓地及び墳墓の施設(以下「墳墓」という。)には、焼骨のほかは埋蔵又は収蔵することはできない。

(昭45規則12・改)

2 墳墓に焼骨を埋蔵又は収蔵しようとするときは、焼骨埋収蔵承認申請書(第11号様式)に火葬許可証又は改葬許可証及び使用許可証を添えて、管理者に提出し、承認を受けなければならない。

(昭45規則12・改)

3 親族でない者の焼骨を墳墓に埋蔵又は収蔵しようとするときは、親族外焼骨埋収蔵承認申請書(第11号様式の2)を提出し、管理者の承認を受けなければならない。

(昭39規則70、昭45規則12・昭59規則5・改)

(改葬)

第16条 他に改葬しようとするときは、改葬承認申請書(第12号様式)に改葬許可証及び使用許可証を添えて管理者に提出し、その承認を受けなければならない。

(墓地の保全)

第17条 使用者は、常に墳墓その他墓地の施設を清浄に保ち、墳墓その他の工作物の破損又は倒壊のおそれがあるときは、直ちに修理する等墳墓その他墓地の施設の保全につとめなければならない。

(昭45規則12・改)

(管理者)

第18条 墓地の管理者(以下「管理者」という。)は、公園緑地課公園緑地係長をもって充てる。

(平4規則21、平16規則1・改)

2 管理者は、法令に定めるもののほか、次の事項を処理する。

(昭45規則12・昭59規則5・平4規則21・改)

(1) 墳墓地使用者台帳(第13号様式)を備え付けること。

(2) 墳墓への焼骨の埋蔵若しくは収蔵、改葬又は墓地の施設等の工事に立会うこと。

(3) 使用許可証に埋蔵、収蔵又は改葬の状況を記入すること。

(4) 法令、条例及びこの規則に違反した者を発見したとき、市長に報告すること。

(5) その他墓地の管理に関すること。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和39年10月7日規則第70号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和40年3月31日規則第4号)

この規則は、昭和40年4月1日から施行する。

附 則(昭和42年12月25日規則第36号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和42年11月10日から適用する。

附 則(昭和45年3月14日規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、この規則による改正後の規則第10条第6項の規定は、第1地区及び第2地区の墳墓地については適用しない。

附 則(昭和59年3月28日規則第5号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月25日規則第9号)

1 この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現にある、この規則による改正前の甲府市墓地条例施行規則に定めるところにより作成された墳墓地使用者台帳は、当分の間、使用できる。

附 則(昭和63年3月31日規則第19号)

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成4年3月31日規則第21号)

1 この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第6号)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、現に存するこの規則による改正前の書式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

附 則(平成16年3月31日規則第1号)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

(昭39規則70・昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭39規則70・昭40規則4・昭45規則12・昭59規則5・平26規則14・改)

画像画像

(昭40規則4・昭45規則12・昭59規則5・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・改、昭59規則5・全改、平14規則6・改)

画像

(昭40規則4・昭45規則12・昭59規則5・改、昭61規則9・全改)

画像画像

別記(第10条関係)

(昭59規則5・改)

画像

画像

甲府市墓地条例施行規則

昭和34年10月16日 規則第32号

(平成26年3月31日施行)

体系情報
第9類 市民生活/第7章 生/第3節 斎場・墓地
沿革情報
昭和34年10月16日 規則第32号
昭和39年10月7日 規則第70号
昭和40年3月31日 規則第4号
昭和42年12月25日 規則第36号
昭和45年3月14日 規則第12号
昭和59年3月28日 規則第5号
昭和61年3月25日 規則第9号
昭和63年3月31日 規則第19号
平成4年3月31日 規則第21号
平成14年3月29日 規則第6号
平成16年3月31日 規則第1号
平成26年3月31日 規則第14号