○小諸市立天領の里・御影用水史料館条例

平成16年3月19日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)の規定に基づき、史料館の設置及びその管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 御影陣屋及び御影用水に関する歴史的価値を有する文書、その他歴史資料等を収集し、保管し、及び展示して、市民の教養及び文化の振興に資することを目的として、史料館を設置する。

(名称及び位置)

第3条 史料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

小諸市立天領の里・御影用水史料館

小諸市大字御影新田894番地24

(管理及び運営)

第4条 小諸市立天領の里・御影用水史料館(以下「史料館」という。)の管理及び運営は、小諸市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行うものとする。

(入館料)

第5条 史料館の入館料は、無料とする。

(入館の制限)

第6条 教育委員会は、この条例及びこの条例に基づく規則に違反する者その他史料館の管理上著しく支障があると認められる者の入館を禁止し、又は退館を命ずることができる。

(遵守事項)

第7条 史料館に入館した者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 教育委員会が指定する資料等に触れないこと。

(2) 他人に危害又は迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(損害の賠償)

第8条 史料館の施設、器具等をき損し、又は滅失した者は、市長が認定する損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(補則)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会の規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

小諸市立天領の里・御影用水史料館条例

平成16年3月19日 条例第6号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年3月19日 条例第6号