○小諸市運動遊び事業実施用備品貸与要綱

平成25年8月6日

教育委員会告示第18号

(趣旨)

第1条 この要綱は、幼児期の体力及び運動能力等の改善を図る小諸市運動遊び事業の実施に必要な備品(以下「運動遊び備品」という。)を小諸市内の民間保育所及び私立幼稚園に貸与するに当たって必要な事項を定めるものとする。

(備品の種類及び個数)

第2条 この要綱に規定する貸与できる備品の種類及び個数は、次の表のとおりとする。ただし、園児の数又は遊戯室等の広さにより、上限を超えることができる。

備品の種類

備品の個数(1園当たりの上限数)

跳箱(幼児用)

2台

鉄棒(幼児用、室内用、可動式、1連)

2台

マット(幼児用)

4枚

(貸与の申込み)

第3条 運動遊び備品の貸与を受けようとする民間保育所及び私立幼稚園(以下「申込者」という。)は、小諸市民間保育所・私立幼稚園運動遊び事業用備品貸与申請書兼誓約書(様式第1号)を小諸市教育委員会に提出するものとする。

(貸与の決定)

第4条 小諸市教育委員会は、前条の規定による申込みがあった場合は、当該申込みに係る書類を審査し、貸与の決定の可否を小諸市民間保育所・私立幼稚園運動遊び事業用備品貸与決定通知書(様式第2号)により、申込者に通知するものとする。

(費用負担)

第5条 運動遊び備品本体の貸与に係る費用は、無料とする。ただし、貸与期間中に運動遊び備品を使用した際に発生する修理及び安全点検については、貸与を受けた者の負担とする。

(滅失又は毀損等)

第6条 貸与を受けた者は、運動遊び備品を滅失し、又は毀損したときは自己の費用をもってこれを補填し、又は修理しなければならない。ただし、通常の使用により毀損し、又は経年劣化により使用に耐えなくなった場合は、貸与を受けた者が廃棄することができる。

(廃棄届)

第7条 前条の規定により、運動遊び備品を廃棄する場合は、小諸市民間保育所・私立幼稚園運動遊び事業用備品廃棄届出書(様式第3号)により、速やかに、小諸市教育委員会に届け出るものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、小諸市教育長が別に定める。

附 則

この告示は、平成25年8月6日から施行する。

画像

画像

画像

小諸市運動遊び事業実施用備品貸与要綱

平成25年8月6日 教育委員会告示第18号

(平成25年8月6日施行)