○ハッピネス・ヒル・幸田の管理及び運営に関する規則

平成12年3月31日

教委規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、ハッピネス・ヒル・幸田の設置及び管理に関する条例(平成7年幸田町条例第29号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、ハッピネス・ヒル・幸田の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(専用利用に係る利用時間等)

第2条 ハッピネス・ヒル・幸田の思索の森、センタープラザ及びその他屋外施設(以下「屋外施設等」という。)を専用利用する場合の利用時間は、幸田町民会館の管理及び運営に関する規則(平成8年幸田町規則第1号。以下「会館規則」という。)第2条第1項に規定する時間とする。

2 屋外施設等を利用することができない日は、会館規則第2条第2項に規定する休館日とする。

3 教育委員会は、前2項の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、臨時に利用時間又は利用日を変更することができる。

(利用の許可等)

第3条 屋外施設等の専用利用の申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、ハッピネス・ヒル・幸田屋外施設利用申請書(様式第1号)を利用する日の1月前までに教育委員会に提出しなければならない。ただし、教育委員会が特にやむを得ないと認める場合は、この限りでない。

2 教育委員会は、屋外施設等の利用を許可したときは、ハッピネス・ヒル・幸田屋外施設利用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を申請者に交付する。

3 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が屋外施設等を利用するときは、教育委員会に提示しなければならない。

(権利譲渡の禁止)

第4条 利用者は、屋外施設等を利用する権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用期間の制限)

第5条 屋外施設等を連続して利用することができる期間は、6日間とする。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(利用後の届出及び点検)

第6条 利用者は、屋外施設等の利用が終了したとき又は利用を中止したときは、速やかに利用した屋外施設等を原状回復し、その旨を届け出て教育委員会の点検を受けなければならない。

(利用者の遵守事項)

第7条 利用者は、条例及びこの規則に規定する事項のほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) ハッピネス・ヒル・幸田内外の秩序保持及び安全確保のため、必要に応じ整理員を置くこと。

(2) 屋外施設等を汚損し、又はき損するおそれのある行為をしないこと。

(3) 他の関係官公庁への必要な届出等は、事前に済ませておくこと。

(4) 利用の許可に伴う入場者(以下「入場者」という。)次条に規定する事項を周知すること。

(5) 事故等あったときは、教育委員会に報告すること。

(6) 教育委員会の指示に従うこと。

(7) その他屋外施設等の運営に支障を来すような行為をしないこと。

(入場者の遵守事項)

第8条 入場者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で飲食又は喫煙をしないこと。

(2) 騒音又は大声を発する等他人に迷惑をかけるような行為をしないこと。

(3) 他人に危害又は迷惑をかけるおそれのある物品又は動物を持ち込まないこと。

(4) 所定の場所以外への立入りはしないこと。

(5) 許可を受けないで敷地内において物品等を販売し、又は金品の募集等の行為をしないこと。

(6) 許可を受けないで敷地内において広告類等の掲示又は配布行為をしないこと。

(7) その他屋外施設等の管理上支障を来すような行為をしないこと。

(汚損等の届出)

第9条 利用者は、屋外施設等を汚損し、き損し、又は滅失したときは、ハッピネス・ヒル・幸田施設等汚損・き損・滅失届(様式第3号)を直ちに町長に提出し、その指示を受けなければならない。

(実費の徴収)

第10条 利用者が、その利用に係る施設の備付備品以外のものの使用に伴い屋外施設等の電気その他の備品等を使用したときは、会館規則に規定する附属設備の使用料等を参考として定める額を施設使用実費徴収金として徴収することができるものとする。ただし、教育委員会が特に徴収することを要しないと認めるときを除く。

(管理の代行に伴う読替え)

第11条 条例第10条第1項の規定に基づき指定管理者に管理の代行を行わせる場合における第2条第3条第5条第7条第9条第10条及び様式第1号から様式第3号までの規定の適用については、第2条第3項中「教育委員会は」とあるのは「指定管理者があらかじめ教育委員会の承認を受けて」と、第3条第5条及び第7条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第9条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第10条中「使用料等」とあるのは「利用料金等」と、「定める額」とあるのは「指定管理者があらかじめ町長の承認を受けて定める額」と、「施設使用実費徴収金」とあるのは「施設利用実費徴収金」と、「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、様式第1号中「幸田町教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、様式第2号中「幸田町教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、「施設使用実費徴収金」とあるのは「施設利用実費徴収金」と、様式第3号中「幸田町長」とあるのは「指定管理者」とする。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月31日教委規則第2号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年9月30日教委規則第4号)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

2 この規則の施行前にこの規則による改正前のハッピネス・ヒル幸田の管理及び運営に関する規則の規定によりなされた利用の許可その他の行為は、この規則による改正後のハッピネス・ヒル幸田の管理及び運営に関する規則の規定によりなされた利用の許可その他の行為とみなす。

画像

画像

画像

ハッピネス・ヒル・幸田の管理及び運営に関する規則

平成12年3月31日 教育委員会規則第8号

(平成18年4月1日施行)