○幸田町観光レクリエーション施設の設置及び管理に関する条例

昭和58年9月30日

条例第17号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、幸田町観光レクリエーション施設(以下「施設」という。)の設置及び管理について、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 この施設は、本町の自然及び地域環境を活用し「憩いの場、交流の場」等として、住民並びに来町者の利便に供するため設置する。

(名称及び位置)

第3条 施設の名称及び位置は、別表第1に掲げるとおりとする。

(有料施設)

第3条の2 別表第1に掲げる施設のうち、有料で利用させるもの(以下「有料施設」という。)は、別表第2のとおりとする。

(施設の利用)

第4条 第3条の施設を、団体等により独占的に利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、施設の管理上必要があるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(利用の不許可)

第5条 町長は、施設を団体等により独占的に利用しようとする者が、公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき、又は管理上支障があると認めるときは、利用を許可しない。

(利用者の義務)

第6条 利用者は、施設の利用に際して、この条例及びこれに基づく規則の規定並びに第4条第2項の規定により許可に付された条件を遵守し、施設の秩序を乱すような行為をしてはならない。

(利用の中止等)

第7条 町長は、利用者が前条の規定に違反したとき、又は災害その他やむを得ない理由があるときは、第4条第1項の許可を取り消し、又は利用者に対して利用の中止を命ずることができる。

(使用料)

第8条 有料施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ別表第2に定める使用料を納めなければならない。

(使用料の減免)

第9条 町長が、特別の理由があると認めたときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第10条 納付された使用料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責任でない事由によって利用ができなくなったとき。

(2) 利用者が、その利用期日の5日前までに利用の許可の取消しを申し出て、町長が相当の理由があると認めたとき。

(損害賠償)

第11条 利用者は、故意又は過失によって施設をき損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(規則への委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、施設の利用条件、その他管理について必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和58年10月1日から施行する。

(幸田町観光施設の設置及び管理に関する条例の廃止)

2 幸田町観光施設の設置及び管理に関する条例(昭和46年幸田町条例第18号)は、廃止する。

附 則(平成3年12月21日条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成4年4月1日から施行する。ただし、第4条の改正後の幸田町観光レクリエーション施設の設置及び管理に関する条例別表第1の規定は、平成4年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成4年4月1日(以下「施行日」という。)前に施行日以後の使用料等について許可を受け、又は届出をした者の当該使用等に係る使用料の額については、この条例(第1条から第5条及び第7条の規定に限る。)による改正後の各条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成12年12月26日条例第45号)

この条例は、平成13年1月1日から施行する。

附 則(平成14年12月26日条例第34号)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

2 この条例による改正後の幸田町観光レクリエーション施設の設置及び管理に関する条例の規定は、平成15年4月1日以後の利用に係る幸田町観光レクリエーション施設の利用の許可を受けた者について適用し、同日前の利用に係る幸田町観光レクリエーション施設の利用の許可を受けた者については、なお従前の例による。

附 則(平成17年9月30日条例第25号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月22日条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、平成23年3月1日から施行する。

(準備行為)

2 幸田町観光レクリエーション施設の利用の許可に必要な手続その他の行為は、平成23年4月1日前においても行うことができる。

(幸田町証紙条例の一部改正)

3 幸田町証紙条例(昭和39年幸田町条例第6号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

別表第1(第3条関係)

名称

位置

彦左公園

幸田町大字坂崎字雀ケ入地内

永野公園

幸田町大字永野字墓所山地内

不動ケ滝園地

幸田町大字荻字遠峯地内

大井池休憩所

幸田町大字大草字太根1番地5

三ケ根駅前休憩所

幸田町大字深溝字大池田18番地

あじさい便所

幸田町大字深溝字内山2番地1

別表第2(第3条の2、第8条関係)

名称

単位

使用料

不動ヶ滝園地

1広場1日につき

1,000円

備考

1 1日は当日の午前0時から午後12時とする。

2 営利を目的とする場合は、この表に定める額の2倍に相当する額とする。

幸田町観光レクリエーション施設の設置及び管理に関する条例

昭和58年9月30日 条例第17号

(平成23年4月1日施行)