○幸田町老人福祉センター設置及び管理に関する条例

昭和53年3月22日

条例第5号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、幸田町老人福祉センターの設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 地域の老人に対して各種の相談に応ずるとともに、健康の増進、教養の向上及びレクリエーションのための便宜を総合的に供与するため、幸田町老人福祉センター(以下「老人福祉センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 老人福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 幸田町老人福祉センター

(2) 位置 額田郡幸田町大字深溝字一の宮2ノ1

(職員)

第4条 老人福祉センターに館長及びその他必要な職員を置く。

(利用者の範囲)

第5条 老人福祉センターを利用できる者は、町内に居住する者で次に掲げる者とする。

(1) 満60歳以上の者

(2) その他町長が適当と認める者

(利用の許可)

第6条 老人福祉センターを利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(利用の制限)

第7条 次の各号のいずれかに該当する場合には、老人福祉センターの利用を許可しないものとする。

(1) 社会秩序をみだすおそれがあると認めるとき。

(2) 施設又はその附属設備等の美観を汚し損傷すると認めるとき。

(3) 管理上支障があると認めるとき。

(4) その他町長が必要と認めるとき。

(利用の条件等)

第8条 町長は、老人福祉センターの利用の許可をする場合、管理上必要な条件を付すことができる。

2 老人福祉センターの利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、その権利を譲渡することができない。

3 利用者は、特別の設置をしようとする場合には、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(利用者の義務)

第9条 利用者は、老人福祉センターの利用に際し、この条例及びこれに基づく規則の規定並びに前条第1項の規定により利用許可に付された条件及び町長の指示に従わなければならない。

2 利用者は、老人福祉センターの利用を終えたときは、直ちに設備を原形に復さなければならない。

(利用許可の取消し等)

第10条 町長は、次の各号のいずれかに該当するとき、老人福祉センターの利用の許可を取り消し、又は利用を中止させることができる。

(1) 利用者が前条第1項の規定に違反したとき。

(2) 災害その他の事故により、老人福祉センターの利用ができなくなったとき。

(3) 公共の用に供するため、やむを得ない理由があるとき。

2 前項の規定により老人福祉センターの利用の許可を取り消し、又は利用を中止した場合において、利用者が損害を受けたとき、町はその責めを負わない。

(使用料)

第11条 使用料は、無料とする。

(損害賠償)

第12条 利用者が故意又は過失によって建物及び附属設備等をき損若しくは滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、老人福祉センターの管理及び運営について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和53年6月1日から施行する。

附 則(平成5年9月27日条例第9号)

この条例は、平成5年10月1日から施行する。

幸田町老人福祉センター設置及び管理に関する条例

昭和53年3月22日 条例第5号

(平成5年9月27日施行)