○幸田町情報公開・個人情報保護審査会条例

平成17年3月31日

条例第4号

(設置)

第1条 幸田町情報公開条例(平成12年幸田町条例第2号。以下「情報公開条例」という。)及び幸田町個人情報保護条例(平成17年幸田町条例第3号。以下「個人情報保護条例」という。)によりその権限に属する事項を処理するため、幸田町情報公開・個人情報保護審査会(以下「審査会」という。)を置く。

2 前項に定めるもののほか、審査会は、情報公開及び個人情報保護に関する重要な事項について、実施機関の諮問に応じて審議し、又は実施機関に意見を述べることができる。

(用語)

第2条 この条例において使用する用語は、情報公開条例及び個人情報保護条例において使用する用語の例による。

(組織)

第3条 審査会は、委員5人以内で組織する。

(委員)

第4条 委員は、優れた識見を有する者のうちから町長が委嘱する。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

4 委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(調査権限)

第5条 審査会は、必要があると認めるときは、諮問をした実施機関(以下「諮問庁」という。)に対し、開示決定等に係る公文書の提示を求めることができる。この場合においては、何人も、審査会に対し、その提示された公文書の開示を求めることができないものとする。

2 諮問庁は、審査会から前項の規定による求めがあったときは、これを拒んではならない。

3 審査会は、必要があると認めるときは、諮問庁に対し、開示決定等に係る公文書に記録されている情報の内容を審査会の指定する方法により分類又は整理した資料を作成し、審査会に提出するよう求めることができる。

4 審査会は、第1項及び前項に定めるもののほか、審査請求に係る事件に関し、審査請求人、参加人又は諮問庁に意見書又は資料の提出を求めること、適当と認める者にその知っている事実を陳述させることその他必要な調査をすることができる。

(審査手続の非公開)

第6条 審査会の行う審査請求に係る審議の手続は、公開しない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、審査会の組織及び運営に関し必要な事項は、町長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成28年3月28日条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政不服審査法(平成26年法律第68号)附則第3条の規定によりなお従前の例によることとされた不服申立てに係るものについては、なお従前の例による。

幸田町情報公開・個人情報保護審査会条例

平成17年3月31日 条例第4号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
幸田町例規集/第3編 執行機関/第1章 町長部局/第4節 情報の公開・保護等
沿革情報
平成17年3月31日 条例第4号
平成28年3月28日 条例第9号