○幸田町多世代交流施設の管理及び運営に関する規則

平成30年3月20日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、幸田町多世代交流施設の設置及び管理に関する条例(平成29年幸田町条例第16号。以下「条例」という。)第6条第1項及び第11条の規定に基づき、幸田町多世代交流施設(以下「交流施設」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間及び休館日)

第2条 交流施設の利用時間は、午前10時から午後5時までとする。

2 交流施設の休館日は、次に掲げる日とする。

(1) 月曜日。ただし、当該日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下この号において「休日」という。)に当たるときは、その翌日以後において最初の休日でない日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

3 町長は、前2項の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、臨時に利用時間又は休館日を変更することができる。

(職員の要件)

第3条 条例第4条の職員のうち1人以上は、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和23年厚生省令第63号)第38条に規定する児童の遊びを指導する者とする。

(利用の許可等)

第4条 条例第6条第1項の規則で定める施設は、次に掲げるものとする。

(1) 集会室

(2) 地域活動室

2 条例第6条第1項の許可を受けようとする者(次項及び第4項において「申請者」という。)は、幸田町多世代交流施設利用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

3 町長は、前項の規定による申請を許可したときは、幸田町多世代交流施設利用許可書(様式第2号次項において「許可書」という。)を申請者に交付するものとする。

4 許可書の交付を受けた申請者は、交流施設の利用を開始しようとする時に、当該許可書を職員に提示しなければならない。

(利用者の遵守事項)

第5条 交流施設を利用する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 職員の指示に従うこと。

(2) 所定の場所以外において飲食をし、又は火気を使用しないこと。

(3) 交流施設及びその敷地内において喫煙をしないこと。

(4) 他人に迷惑又は危険を及ぼす行為をしないこと。

(5) 交流施設の施設、設備等を毀損しないこと。

(6) 所定の場所以外の場所に出入りしないこと。

(7) 許可を受けないで、交流施設及びその敷地内において物品の展示、販売又はこれらに類する行為をしないこと。

(8) 交流施設の利用を終了するときは、速やかに設備、備品等を所定の位置に戻し、職員の点検を受けること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、交流施設の運営に支障を来たすような行為をしないこと。

(雑則)

第6条 この規則に定めるもののほか、交流施設の管理及び運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

幸田町多世代交流施設の管理及び運営に関する規則

平成30年3月20日 規則第9号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
幸田町例規集/第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成30年3月20日 規則第9号