○コトウラ暮らしお試し住宅条例

平成24年12月21日

条例第44号

(趣旨)

第1条 この条例は、コトウラ暮らしお試し住宅(以下「お試し住宅」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 人口増加による活力に満ちた地域づくりを推進することを目的として、県外から琴浦町への移住を希望する者に対し、本町への移住定住促進を図るため、気候、風土、生活が体験できる施設として、お試し住宅を設置する。

(名称及び位置)

第3条 お試し住宅の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

コトウラ暮らしお試し住宅

琴浦町大字釛70番地2

(管理)

第4条 お試し住宅の管理運営は、町長が行う。

(利用資格)

第5条 お試し住宅を利用できる者は、次に掲げる各号の全てを満たす者でなければならない。

(1) 利用許可申請時において、鳥取県外に住所を有し、本町への移住を希望している者であること。

(2) 転勤、婚姻等による転入予定者でないこと。

(3) お試し住宅の利用に関し、町が行う施策に協力すること。

(4) その者又はこれと現に同居し、若しくは同居しようとする者が暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

(利用期間)

第6条 お試し住宅を利用できる期間は、原則として1月とする。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、利用期間を延長することができる。

2 前項の規定にかかわらず、本町への移住定住相談会参加者又は琴浦町空き家情報登録制度の空き家情報利用登録者については、2日から14日までの間、1泊を単位としてお試し住宅を利用できるものとする。

(利用許可)

第7条 第5条に規定する利用資格のある者で、お試し住宅を利用しようとする者は、町長の定めるところにより利用の申込みをしなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

2 町長は、前項の申込みを受けたときは、次の各号に掲げるいずれかに該当する場合を除き、お試し住宅の利用を許可(以下「利用許可」という。)するものとする。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、お試し住宅の管理上支障があるとき。

3 町長は、お試し住宅の管理上必要があると認めるときは、利用許可に条件を付することができる。

(利用者の保管義務)

第8条 前条の規定による利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、お試し住宅の利用について必要な注意を払い、正常な状態において維持しなければならない。

(行為の制限)

第9条 お試し住宅においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設の設備を毀損し、若しくは汚損し、又はそのおそれがある行為をすること。

(2) 物品の販売、寄付の要請その他これらに類する行為をすること。

(3) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれがある行為をすること。

(4) 施設の全部若しくは一部を転貸し、又は権利を譲渡すること。

(5) その他施設の利用にふさわしくない行為をすること。

(特別の設備の制限)

第10条 利用者は、お試し住宅を利用するに当たって、特別の設備をし、又は備付けの物品以外の物品を使用する場合は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(利用許可の取消し等)

第11条 町長は、利用者が次の各号に掲げるいずれかに該当すると認めるときは、利用許可を取り消し、又はお試し住宅からの退去若しくはお試し住宅の明渡しを命ずることができる。

(1) 第8条から第10条まで及び第16条の規定に違反したとき。

(2) 利用許可を受けた利用目的以外の目的に利用し、又はそのおそれがあると認められるとき。

(3) 利用許可の条件に違反したとき。

(4) 詐欺その他不正の行為により利用許可を受けたとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、お試し住宅の管理上支障がある行為をし、又はそのおそれがあると認められるとき。

(利用料金)

第12条 お試し住宅の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)は、月額3万550円とする。

2 第6条第2項に規定する利用者(以下「短期利用者」という。)の利用料金は、次に定める額とする。ただし、短期利用者が、14日を超えてお試し住宅を利用するときは、前項の規定による。

利用泊数(日数)

利用料金(1泊当たり)

1泊(2日)から4泊(5日)まで

3,360円

5泊(6日)から7泊(8日)まで

2,850円

8泊(9日)から10泊(11日)まで

2,540円

11泊(12日)から13泊(14日)まで

2,340円

3 利用者は、利用料金を前納しなければならない。

(利用者の費用負担義務)

第13条 お試し住宅で生活を行うために必要な費用は、利用者の負担とする。

(利用料金の減免)

第14条 町長が特別の理由があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の還付)

第15条 利用者がお試し住宅を引き続き2月以上利用し、かつ、2月目以降において月の途中で退去したときは、当該月については、利用日数に応じた利用料を日割計算により算出し、既納の利用料金から差し引いた額を還付するものとする。

2 第11条の規定により利用許可の取消しの処分を受けた場合は、前項の還付は行わない。

(不利用時の届出)

第16条 利用者がお試し住宅を引き続き15日以上使用しないときは、町長の定めるところにより届出をしなければならない。

(検査)

第17条 利用者は、お試し住宅の利用許可を受けた期限より前に退去しようとするときは、退去しようとする日前3日までに町長に届け出て、町長の指定する職員の検査を受けなければならない。

2 町長は、前項の規定による場合のほか、お試し住宅の管理上必要があると認めるときは、町長の指定する職員に、随時お試し住宅の検査をさせ、又は利用者に対して適当な指示をさせることができる。

3 前項の検査において、現に使用しているお試し住宅に立ち入るときは、あらかじめお試し住宅の利用者の承諾を得なければならない。

4 検査に当たる者は、その身分を示す証票を携帯し、関係人の請求があったときは、これを提示しなければならない。

(原状回復の義務)

第18条 利用者は、お試し住宅の利用が終わったときは、速やかに原状に回復して当該施設を明け渡さなければならない。第11条の規定により利用許可の取消しの処分を受けたときも、同様とする。

2 利用者が前項の義務を履行しないときは、町長において原状に回復し、これに要した費用は、利用者の負担とする。

(損害賠償の義務)

第19条 利用者は、お試し住宅の施設、附属設備等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第20条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年9月18日条例第32号)

この条例は、平成27年10月1日から施行する。

附 則(平成29年3月23日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後のコトウラ暮らしお試し住宅条例の規定は、この条例の施行日以後に利用許可を受けた者の利用料金について適用し、施行日前までに利用許可を受けた者の利用料金については、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月23日条例第17号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日条例第2号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(コトウラ暮らしお試し住宅条例の一部改正に伴う経過措置)

第26条 第28条の規定による改正後のコトウラ暮らしお試し住宅条例第12条の規定は、この条例の施行日以後の使用(公布日以後に許可したものに限る。)に係る使用料について適用し、施行日前までの使用に係る使用料については、なお従前の例による。

コトウラ暮らしお試し住宅条例

平成24年12月21日 条例第44号

(令和元年10月1日施行)