○甲府地区広域行政事務組合表彰審査委員会規程

昭和57年4月1日

規程第1号

(目的及び設置)

第1条 この規程は、甲府地区広域行政事務組合表彰条例施行規則(昭和57年規則第1号)第10条の規定により甲府地区広域行政事務組合表彰審査委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。

(1) 副管理者(管理者の属する市町の副市町長の職にある者をもって充てられた者)

(2) 事務局長

(3) 消防長

(委員長及び副委員長)

第3条 委員会に委員長及び副委員長1名を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、委員会の会務を統轄する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(調査員)

第4条 委員会に調査員を置く。

2 調査員は、事務局及び消防本部の課長等のうちから管理者が任命又は委嘱する。

(審査事項の提出)

第5条 事務局長は、表彰候補者として該当するものがあるときは、甲府地区広域行政事務組合表彰候補者功績調書(別記様式)に必要な参考資料を添付して委員長に提出しなければならない。

(会議)

第6条 委員会の会議は、必要に応じ委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。ただし、同一事項につき再度招集してもなお半数に達しないときは、この限りでない。

3 議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員又は調査員は、自己、親族、自己が使用する者若しくはこれと同等の者又はこれらの者の関係する団体が表彰候補者である場合は、会議に出席して審査に参与し、意見を述べ、若しくは決定に参加し、又は調査することができない。ただし、委員会の同意があったときは、この限りでない。

(審査)

第7条 委員会は、提出された表彰候補者につき、その適否を審査する。

2 委員長は、必要があるときは、調査員を会議に出席させ、意見を求めることができる。

(調査)

第8条 調査員は、委員長の命を受け表彰候補者につき、そのものの経歴等により、分担して調査に当たり、調査結果を委員長に報告しなければならない。

2 各機関の職員は、調査員の調査に協力しなければならない。

3 その他、調査につき必要な事項は、その都度委員長が指示するものとする。

(審査結果の報告及び通知)

第9条 委員長は委員会の審査が終了したときは、その結果を管理者に報告するとともに、表彰候補者提出者に通知しなければならない。

(庶務)

第10条 委員会の庶務は、組合事務局が処理する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規程第2号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(令和元年規程第1号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

画像

甲府地区広域行政事務組合表彰審査委員会規程

昭和57年4月1日 規程第1号

(令和2年4月1日施行)