○甲府地区広域行政事務組合非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例施行規則

昭和57年4月1日

規則第2号

(支給日)

第2条 条例第2条に規定する報酬のうち、年額をもって定める報酬額は、その年度の3月末日までに支給する。ただし、その職を離れたときは、その日の属する月の末日までに支給する。日額をもって定める報酬額は条例第3条に規定する勤務日数に応じてその月分を翌月10日(支給日が休日に当たるときは、繰上げる。)に支給する。

(勤務日)

第3条 条例第3条のただし書の勤務日とみなす場合は、次の各号とする。

(1) 公務のため管外に旅行したときは、その出発の日から帰庁の日まで

(2) その他管理者が勤務日とみなすを適当と認める職務を行ったとき。

(出勤表の提出)

第4条 日額をもって定める報酬を受けるものは、その月分の出勤表(別記様式)を翌月5日までに管理者に提出するものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和57年4月1日から適用する。

画像

甲府地区広域行政事務組合非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例施行規則

昭和57年4月1日 規則第2号

(昭和57年4月1日施行)

体系情報
第6編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
昭和57年4月1日 規則第2号