○平成28年改正条例附則第2項及び第3項の規定による給料に関する規則

平成28年3月31日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、甲府地区広域行政事務組合職員給与条例等の一部を改正する条例(平成28年3月条例第6号。以下「平成28年改正条例」という。)附則第2項及び第3項の規定により読替えられた職員に係る昇給に関し必要な事項を定めるものとする。

(平成28年改正条例附則第2項において読替えられた職員の昇給)

第2条 平成28年改正条例附則第2項において読替えられた職務の職員について、甲府地区広域行政事務組合職員初任給、昇給等の基準に関する規則(平成18年3月規則第9号)第13条に規定する昇給日(以下、昇給日という。)に昇給した場合受けることとなる給料月額が、次に掲げる額を越える職員は、その昇給日における昇給は超えない額の号給で停止することとする。

給料表

級別基準職務表における級

読替えられた職務

昇給が停止となる給料月額

行政職

4級

副主査の職務

3級の最高号給の額

5級

主任主査の職務

4級の最高号給の額

6級

副主幹の職務

5級の最高号給の額

消防職

2級

主任の職務

1級の最高号給の額

3級

高度の知識又は経験を必要とする業務を行う主任の職務

1級の最高号給の額

3級

副主査の職務

2級の最高号給の額

4級

高度の知識又は経験を必要とする業務を行う主任の職務(現階級消防士長)

2級の最高号給の額

4級

高度の知識又は経験を必要とする業務を行う主任の職務(現階級消防司令補)

3級の最高号給の額

5級

主任主査の職務

4級の最高号給の額

2 この規則の施行日において、前項の規定を適用した場合、すでに「昇給が停止となる給料月額」を超えている職員は、昇給しないこととする。

3 前項の適用を受ける職員が昇任し、甲府地区広域行政事務組合職員給与条例(昭和48年4月条例12号)第8条第3項に規定する級別基準職務表に掲げる職務に該当する職員になった場合は、以後昇給できることとする。

(この規則により難い場合の措置)

第3条 平成28年改正条例附則第2項及び第3項の規定による昇給について、この規則の規定による場合には部内の他の職員との均衡を著しく失すると認められるときその他の特別の事情があるときは、別段の取扱いをすることができる。

附 則

(施行期日)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

平成28年改正条例附則第2項及び第3項の規定による給料に関する規則

平成28年3月31日 規則第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第6編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成28年3月31日 規則第11号