○甲府地区広域行政事務組合職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務取扱規則

昭和48年10月2日

規則第19号

(目的)

第1条 この規則は、甲府地区広域行政事務組合職員(以下「職員」という。)に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱について、児童手当法(昭和46年法律第73号)、児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)及び児童手当法施行規則(昭和46年厚生省令第33号)に定めるもののほか、必要な事項を定めることを目的とする。

(準用)

第2条 職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱については、甲府市職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務取扱規則(昭和47年甲府市規則第5号)を準用する。

(読み替え)

第3条 前条の準用する規則中に「市長」とあるのは「管理者」と読み替えるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から施行する。

甲府地区広域行政事務組合職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務取扱規則

昭和48年10月2日 規則第19号

(昭和48年10月2日施行)

体系情報
第6編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和48年10月2日 規則第19号