○甲府地区広域行政事務組合消防本部表彰取扱規程

昭和48年5月15日

消本規程第7号

第1章 総則

第1条 本組合の消防に関する表彰については、この規程の定めるところによる。

第2条 消防職員(以下「職員」という。)と署(所)又は隊並びに職員以外の者又は団体に対する表彰は、次の各号の事項について特に功労があると認められたときはこれを行う。

(1) 火災の予防又は鎮圧

(2) 災害時における防ぎょ救護

(3) 生命、身体、財産の保護

(4) 消防機械器具及び施設の発明、改良並びに設置協力

(5) 勤務成績優良

第3条 前条の表彰は、次の5種類とする。

(1) 功労章

特に抜群の功労があって職員の亀鑑と認められる者に対して行う。

(2) 功績章

抜群の功労があって消防職員の模範と認められる者に対して行う。

(3) 賞詞

優秀な功労がある消防職員又は顕著な功労がある消防職員に対して行う。

(4) 賞状

顕著な業績がある署所課隊等に対して行う。

(5) 感謝状

消防職員以外の者で次の事項について功労があると認められる者又は団体に対してこれを授与する。

 火災の予防又は鎮圧

 消防施設の協力

 火災その他災害現場における人命救助

 火災その他災害現場における警戒、防護、救護に関し消防本部又は消防職員になした協力

2 前項各号の表彰には、賞金その他副賞をつけることができる。

第4条 表彰を受けるべき者が表彰前に退職又は死亡したときは、その在職中又は生前の日附にさかのぼって表彰を行う。ただし、その者が刑に処せられ、又は懲戒処分によってその職を免ぜられたときは、表彰を行わない。

第5条 消防功労章及び消防功績章の形状、制式は、別表とする。

第6条 表彰状は、第1号様式から第6号様式までとする。

第2章 消防表彰審査委員会

第7条 消防表彰を審査するため、本部に、消防表彰審査委員会(以下「審査委員会」という。)を置く。

第8条 審査委員会は、委員長及び委員若干名で組織する。

2 委員長は、消防長とし、委員は、次長、課長及び署長とする。

3 委員長に事故があるときは、委員長の指名した委員がその職務を代理する。

4 委員会に書記若干名を置く。

第9条 審査委員会は、審査上必要があるときは、本人を招致して実相を聴取することができる。

第10条 委員会は、委員長及び委員2人以上が出席しなければ会議を開くことができない。

2 委員会の審査は、出席者の過半数によりこれを決する。可否同数のときは、委員長の決するところによる。

第3章 功労章及び功績章

第11条 功労章及び功績章は、本人に限って終身はい用する。

2 功労章及び功績章は、左胸部につけるものとする。ただし、服務上支障あるときは、この限りでない。

第12条 功労章又は功績章を授与された者が禁錮以上の刑に処せられ、又は懲戒処分によって罷免されたときは、これを返納させ、消防職員にふさわしくない非行があったときは、これをつけることを停止し、又はこれを返納させることができる。

第4章 取扱手続

第13条 所属長は、第2条各号にあてはまる功労があると認めたときは、その都度、功労事績を正確に審査して第7号様式から第10号様式までによって上申しなければならない。

第14条 前条の規定による上申書に事実を詳細につくすことができないときは、事件に応じて次の各号の書類を添付しなければならない。

(1) 調査報告書

(2) 現場略図

(3) 本人の報告書又は当事者、関係者の供述書

第15条 第3条第1項第1号から第3号までの功労があると認めるときは、上申書にその事件に関する詳しい状況、功績及びその効果を記載した功績書を添付しなければならない。

第16条 前条の規定による上申にあっては、次の各号によらなければならない。

(1) 功労が他の所属員と関連するものについては、その所属長が連署すること。

(2) 功労事績に相関連し、又は同種のものであって連絡したものは、1事件として取扱うこと。

(3) 功労者が2名以上あって、功労に差等がある場合は、上申書の功労者氏名上部にその順位を朱書して功労の程度を明確にする。

(4) 表彰の上申中、身分に異動があったとき、又は第4条の事項が発生したときは速やかに追申すること。

第17条 表彰の金額並びに賞詞は、第11号様式及び第12号様式によって通知する。

第18条 消防職員でない者又は団体であっても第2条第1号から第5号までの事項又は消防に対してなした協力で特に功労があると認められる者に対しては、感謝状を授与する。

2 前項の感謝状には、賞金その他副賞をつけることができる。

第19条 前条の功労上申は、その事件を処理し、又は最初に事実の申告を受けた所属長が、これを取扱わなければならない。

第20条 所属長は、第3条第1項第3号から第5号までの事項に次ぐ功労があると認められる消防職員等及び部外者等を賞することができる。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(昭和49年消本規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年消本規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年消本規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年消本規程第3号)

この規程は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年消本規程第2号)

この規程は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成4年消本規程第1号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成12年消本規程第2号)

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

形状

画像

画像

功績章

功労章

制式

区別

功労章

功績章

地金

純金又は類似品

純銀又は類似品

大きさ

たて

30ミリメートル

28ミリメートル

よこ

30ミリメートル

28ミリメートル

表面

地色

青色

白色

月桂樹葉

地金色

青色

消防章

径8ミリメートル

径18ミリメートル

裏面

地金色

地金色

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防本部表彰取扱規程

昭和48年5月15日 消防本部規程第7号

(平成12年4月1日施行)

体系情報
第8編 務/第1章 防/第1節 組織・処務
沿革情報
昭和48年5月15日 消防本部規程第7号
昭和49年7月30日 消防本部規程第6号
昭和49年10月8日 消防本部規程第7号
昭和53年6月1日 消防本部規程第3号
昭和57年4月1日 消防本部規程第3号
昭和59年3月28日 消防本部規程第2号
平成4年3月31日 消防本部規程第1号
平成12年3月28日 消防本部規程第2号