○甲府地区広域行政事務組合消防本部公印保管規程

昭和48年4月1日

消本規程第2号

(趣旨)

第1条 甲府地区広域行政事務組合消防本部の公印については、別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(公印の定義)

第2条 この規程において「公印」とは、公文書に使用する庁印及び職印をいう。

(公印の名称、ひな形等)

第3条 公印の名称、書体、寸法及び用途等は、別表第1のとおりとし、そのひな形は、別表第2のとおりとする。

(保管の責任)

第4条 公印の保管は、保管者が責任をもって行わなければならない。

2 前項の保管者は、別表第1のとおりとする。

(公印台帳の整備)

第5条 公印を登録し、これを整備するため、総務課に公印台帳(第1号様式)を備える。

(公印の調整、廃き等)

第6条 公印の調整、改刻又は廃きは、総務課長が消防長の決裁を受けて行う。

(事故報告)

第7条 保管者は、その保管に係る公印について盗難、紛失又は偽造等があったときは、直ちに事故の状況、事故後の処理てん末その他必要な事項を記載した報告書を消防長に報告しなければならない。

(公印の使用)

第8条 公印を使用しようとするときは、押印を要する文書に決裁済の原議書を添え、保管者に提出し、その審査を経なければならない。

2 保管者は、前項の押印を要する文書及び決裁済の原議書の提出を受けたときは、決裁済の文書であることを確認し、公印を押印し、若しくは面前において公印を使用させるものとする。

3 前項の場合において、公印の押印を受けた者又は使用した者は、公印使用簿(第2号様式)に所定の事項を記載しなければならない。

4 前3項の規定により公印を押印したときは、その文書と決裁済の原議書とを契印しなければならない。ただし、その文書の性質上必要でないと認められる場合は、これを省略することができる。

(公印の印影の印刷)

第9条 一定の文句及び内容のものを多数印刷する場合において、支障がないと認められるときは、公印印影印刷許可申請書(第3号様式)に当該公文書に係る決裁済の原議書を添え、総務課長又は署長の許可を得てあらかじめその公印の印影を当該文書と同時に印刷して公印の印影の押印に替えることができる。

2 前項の規定により公印の印影を印刷した文書は、その使用状況を常に明らかにしておかなければならない。

3 第1項の規定による公印の印影を印刷する原版は、公印の取扱いに準じ、保管者が保管するものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(平成3年消本規程第3号)

この規程は、平成3年8月1日から施行する。

附 則(平成11年消本規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表第1(第3条関係)

公印の種類

ひな形

書体

寸法(ミリメートル)

印材

用途

保管者

個数

本部印

1

てん字

方30

木印

職記 消防手帳

総務課長

1

消防長印

2

方24

辞令 文書

1

消防長職務代理者印

3

消防長職務代理者のとき、消防長印に準じて用いる。

1

契印

4


楕円形

一般文書 契印

総務課長

庶務係長

4

署長印

5

てん字

方20

辞令 文書

庶務係長

3

別表第2(第3条関係)

1

2

3

4

画像

画像

画像

画像

5の1

5の2

5の3


画像

画像

画像

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防本部公印保管規程

昭和48年4月1日 消防本部規程第2号

(平成11年3月30日施行)