○甲府地区広域行政事務組合消防本部庁舎管理規程

平成22年3月26日

消本規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、別に定めるもののほか、公務の適正かつ円滑な執行を期するため、消防庁舎における秩序の維持、災害の防止及び美観の保持その他消防庁舎の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「消防庁舎」(以下「庁舎」という。)とは、消防本部、消防署及び消防出張所の建物並びに敷地その他の設備をいう。

(庁舎管理者)

第3条 庁舎の管理の徹底を図るため、庁舎管理者を置く。

2 庁舎管理者は、次に掲げる職にある者をもって充てる。

(1) 消防本部及び南消防署の庁舎 総務課長

(2) 中央消防署及び西消防署の庁舎 署長

(3) 出張所の庁舎 出張所長

(庁舎管理者の責務)

第4条 庁舎管理者は、消防業務の円滑な遂行と執務環境の整備のために、庁舎を常に良好かつ安全、快適に保ち、その用途又は目的に応じた運用を効率的に行わなければならない。

(庁舎管理補助者)

第5条 第3条に規定する庁舎管理者の補助者として、庁舎管理補助者を置く。

2 庁舎管理補助者は、次に掲げる職にある者をもって充てる。

(1) 消防本部及び南消防署の庁舎 南署副署長

(2) 中央消防署及び西消防署の庁舎 副署長

(3) 消防出張所の庁舎 出張所長の次の職位にある者

3 庁舎管理者に事故のあるとき又は庁舎管理者が欠けたときは、庁舎管理補助者がその職務を代理する。

(職員の義務)

第6条 職員は、庁舎の清掃及び清潔保持に努めるほか、庁舎管理者又は庁舎管理補助者が庁舎管理上必要な指示をしたときは、それに従わなければならない。

2 職員は、火災、盗難及び庁舎の異常等庁舎管理上必要な事項について、庁舎管理者又は庁舎管理補助者に対し、通報、連絡又は臨機の措置を講じなければならない。

(防火管理)

第7条 防火管理に関する一般的な事項は、消防法(昭和23年法律第186号)第8条に基づき、防火管理者が定める消防計画によるものとする。

(職員の遵守事項)

第8条 職員は、火災その他の災害を予防するため、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 庁舎は、常に清潔を旨とし、整理整頓及び清掃に努めること。

(2) 定められた場所以外において、火気を使用してはならないこと。

(3) ガスその他火気を使用するときは、その取り扱いに十分注意するとともに、使用後は消火を確認し、元栓を完全に閉める等火災予防に万全を期すこと。

(4) 指定された場所以外で、喫煙してはならないこと。

(5) 電灯及び冷暖房設備等光熱水の使用に当たっては、執務環境を考慮して調整し、経費の節約に努めること。

(6) 退庁時及び仮眠時には室内を整理し、火気の始末を確認するとともに、必要な施錠及び引継ぎを行う等盗難防止の処置をすること。

(7) 私物は、勤務上必要なもののほか庁舎に持ち込まないこと。

(8) 消防本部及び南消防署庁舎敷地内における職員の自家用車両の駐車は、原則としてこれを禁止する。ただし、次の場合は、この限りでない。

 緊急事態に際し、勤務時間外の出動をした場合

 特に指定した非番勤務のための出動等をした場合

 短時間に所要のため、庁舎に出入りする場合

 その他庁舎管理者が特に認めた場合

(庁舎への出入り)

第9条 庁舎管理者は、公務の円滑な遂行又は災害の防止のために必要があると認めるときは、庁舎へ出入りをしようとする者に対し、その氏名及び出入りの目的を明らかにすることを求めることができる。

(許可行為)

第10条 庁舎において、次に掲げる行為をしようとする者は、事前に消防庁舎使用許可申請書(第1号様式)を庁舎管理者に提出し許可を受けなければならない。ただし、庁舎管理者が許可の必要を要しないと認めるときは、この限りでない。

(1) 物品の販売、宣伝その他これらに類する商業的行為

(2) ポスター、看板、旗及び懸垂幕その他これらに類するものを貼付し、又は掲示すること。

(3) 所定の場所以外に施設を設置し、又は物件を置くこと。

(4) 庁舎に危険物等を搬入すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、庁舎管理者が許可を必要と認める行為をすること。

2 庁舎管理者は、前項の許可をする場合は、重要事項については消防長の決裁(出張所にあっては消防署長経由)を経るものとする。

3 第1項の許可について、庁舎の管理上必要があるときは、条件を付することができる。

(禁止行為)

第11条 庁舎においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 火災予防上危険を伴うおそれのある行為

(2) 通行の妨害となるおそれのある行為

(3) 執務に支障をきたすおそれのある行為

(4) 職員に面会を強要すること。

(5) 粗暴な言動又は他人に嫌悪感を与える行為

(6) 庁舎を損傷し、又は汚損すること。

(7) 金銭、物品の寄附を強要し、又は押売り等をすること。

(違反行為に対する措置)

第12条 庁舎管理者は、次に掲げる者に対し、庁舎の出入りの禁止、許可の取り消し、行為の禁止、当該物件の撤去又は庁舎からの退去等必要な措置を講ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれのある者

(2) 他人に危害を及ぼし、他人の迷惑になることが明らかである者

(3) 他人に危害を及ぼし、他人の迷惑になるおそれのある動物その他の物を携帯していることが明らかな者

(4) 第9条の規定に違反して、氏名及び出入りの目的を明らかにしない者

(5) 第10条第1項に規定する許可を受けた内容に違反した者、庁舎管理者の許可を受けないで同項各号に規定する行為をした者又は同条第3項の許可に付した条件に違反した者

(6) 前条の規定に違反した者又は違反するおそれのあることが明らかである者

(7) その他管理上必要な指示に従わない者

(庁用什器の配置)

第13条 庁舎管理者及び各所属長等は、次の各号に掲げる什器備品及び事務機器等を配置しようとするときは、第4条の主旨を尊重し、広がりと明るく温かみのある空間を演出し、安全かつ円滑な緊急出動線の確保に努めなければならない。

(1) 机、椅子及び応接セット類

(2) キャビネット、書庫及びロッカー類

(3) 棚類、書架及び間仕切り等

(4) OA機器、細断器、複写機及び印刷機等

(5) 通信機器及び指令システム端末機等

2 庁舎管理者及び所属長等は、前項の主旨を尊重し、その実現を図るため什器及び備品等を配置又は配置替えすることにより庁舎の補修を伴う場合は、あらかじめ担当課と協議し、適正な配置による必要空間の確保に努めなければならない。

(車両等の駐車場所)

第14条 庁舎において、車両又は業務に支障が生ずると認められる物品等(以下「車両等」という。)を駐車及び仮置きする場所は、あらかじめ庁舎管理者が指定するものとする。

2 庁舎管理者は、庁舎に車両等を駐車及び仮置きする者に対し、必要な指示をすることができる。

(屋上の使用制限)

第15条 屋上は、危険防止のため、庁舎管理上又は庁舎管理者が消防業務の遂行上必要と認めた場合を除き、使用することはできないものとする。

(事故の報告)

第16条 庁舎管理者は、庁舎の破損等異常が認められるときは、速やかに事故の概要を総務課長に報告しなければならない。

(拾得物)

第17条 職員は、庁舎において遺失物を拾得したとき、又は職員以外の者から拾得物の引き渡しを受けたときは、その拾得物に遺失物拾得届出書(第2号様式)を添えて、速やかに庁舎管理者に届け出なければならない。

(その他)

第18条 この規程に定めるもののほか、庁舎の管理について必要な事項は、庁舎管理者が定める。

附 則

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防本部庁舎管理規程

平成22年3月26日 消防本部規程第2号

(平成22年4月1日施行)