○甲府地区広域行政事務組合消防本部庁用自動車管理規程

昭和53年6月1日

消本規程第4号

(目的)

第1条 この規程は、法令その他別に定めるもののほか、庁用の自動車及び原動機付自転車の効率的使用と管理の適正化を図るとともに、事故の発生を防止するため必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において「庁用の自動車及び原動機付自転車」(以下「自動車等」という。)とは、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第9号及び第10号に定める自動車及び原動機付自転車であって甲府地区広域行政事務組合消防本部(以下「消防本部」という。)の所有に属するものをいう。

(自動車等の管理及び運転に従事する者の義務)

第3条 自動車等の管理及び運転に従事する者は、法令等を遵守し、自動車等の効率的使用を図るとともに事故の防止等安全に努めなければならない。

(総括管理)

第4条 自動車等の総括管理は、総務課長がこれを行う。

2 総務課長は、第6条第1項に定める警備管理者、第10条第1項に定める安全運転管理者及び第11条第1項に定める安全運転責任者並びに第15条第2項の規定により自動車等の長期貸付けを受けた当該業務を担当する署長、課長(以下「担当署長等」という。)から報告を受け、これらの者に対し自動車等の管理上必要と認められる一般的指示を与えるとともに運転手及び自動車等を操縦する者(以下「運転手等」という。)並びに自動車等の管理に従事する者の技術向上を図るための必要な指導研修を行い、かつ、関係法令等の周知徹底を図るよう努めなければならない。

(担当署長等の責務)

第5条 第15条第2項の規定により貸付けを受けた自動車等の管理は、担当署長等がこれを行う。

2 前条第2項の規定は、署長にこれを準用する。この場合において「第6条第1項に定める整備管理者」とあるのは「第8条第1項に定める整備管理補助者」と、「第15条第2項の規定により自動車等の長期貸付けを受けた担当署長等」とあるのは「第15条第3項の配車を管理する者」と読み替えるものとする。

(整備管理者)

第6条 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第50条第1項の規定により整備管理者を置くこととされている自動車の使用の本拠ごとに整備管理者を置く。

2 整備管理者は、法令に定める資格要件を備える者のうちから消防長が任命する。

(整備管理者の職務)

第7条 整備管理者は、道路運送車両法に定める自動車等の点検及び整備その他必要な事務を処理するため、次に定める事項をつかさどるものとする。

(1) 道路運送車両法第47条に規定する運行前点検の実施方法を定めること。

(2) 前号の点検の結果に基づき、運行の可否を決定すること。

(3) 道路運送車両法第48条第1項に規定する定期点検を実施すること。

(4) 第1号及び前号の点検のほか、随時必要な点検を実施すること。

(5) 第1号第3号又は前号の点検の結果必要な整備を実施すること。

(6) 第3号の点検及び前号の整備の実施計画を定めること。

(7) 道路運送車両法第49条の定期点検記録簿その他の点検及び整備に関する記録簿を管理すること。

(8) 自動車車庫を管理すること。

(9) 前各号に掲げる事項を処理するため、運転手等、整備員その他の者を指導し、又は監督すること。

2 整備管理者は、前項各号により処理した事項を総務課長に報告しなければならない。

(整備管理補助者)

第8条 整備管理者の業務を補助させるため、必要に応じ整備管理補助者を置くことができる。

2 整備管理補助者は、整備管理者及び署長の申出により消防長が任命する。

(自動車等の修理)

第9条 自動車等の修理を必要とする場合は、整備管理者の意見を付し、担当署長等が、自動車等修理請求書(第2号様式)を総務課長に提出するものとする。

2 総務課長は、前項の申出があったときは、自動車等修理決定書(第3号様式)により消防長の決定を受け修理を指示しなければならない。

3 総務課長は修理が完了したときは、整備管理者に修理の完成を確認させ、第16条に定める配車管理者に引渡すものとする。

(安全運転管理者)

第10条 消防本部及び第15条第2項の規定により道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の8第1項に定める台数以上の自動車等の長期貸付を受けた消防署の使用の本拠ごとに、道路交通法第74条の3第1項に規定する安全運転管理者を置く。

2 安全運転管理者は、法令に定める資格要件を備える者のうちから消防長が任命する。

(安全運転責任者)

第11条 第15条第2項の規定により前条第1項に定める台数未満の自動車等の長期貸付けを受けた課の自動車等の使用の本拠ごとに安全運転責任者を置く。

2 安全運転責任者は、第16条に定める配車管理者又はその指定した者がこれに充たる。

(安全運転管理者及び安全運転責任者の職務)

第12条 安全運転管理者及び安全運転責任者(以下「安全運転管理者等」という。)は、道路交通法に定める自動車等の安全な運転に必要な業務を処理するため次に掲げる事項をつかさどるものとする。

(1) 自動車等を運転することを命じられた者又は操縦しようとする者が当該自動車等を運転若しくは操縦することができる免許証を保持しているかどうかを確認すること。

(2) 自動車等を運転することを命じられた者又は操縦しようとする者がアルコール又は薬物の影響、過労、病気、その他の理由で正常な運転ができる状態であるかどうかを確認すること。

(3) 運転手の交通事故及び交通違反(以下「交通事故等」という。)の記録を整理保管し、交通事故等の原因を分析し、当該運転手が交通事故等を再び起さないよう指導するとともに交通事故防止のための検討会を開く等事故防止の徹底を図ること。

(4) その他安全運転管理について必要な事項

2 安全運転管理者等は、前項第1号及び第2号の確認を行う場合は、直接運転を命じられた者又は操縦しようとする者に面接してこれを行わなければならない。

3 安全運転管理者等に事故があるとき又は欠けたときは、安全運転管理者等が担当署長等の承認を経てあらかじめ指定する者が、その職務を代理する。

(届出)

第13条 第11条第2項の規定により安全運転責任者を指定したとき又は前条第3項の規定により安全運転管理者等の代理者を指定したときは担当署長等は、速やかにその旨を総務課長に届出なければならない。

(自動車等の集中管理)

第14条 自動車等は、すべて総務課において集中管理する。ただし、特殊な業務で必要があると認められるものは長期に貸付けることができる。

(自動車等の長期貸付け)

第15条 前条ただし書の規定により、自動車等の長期貸付けを受けようとするときは、署、課の長が総務課長に対して次の各号に掲げる事項を記載した申込書を提出し、許可を受けなければならない。

(1) 貸付けを受けようとする理由

(2) 車種

(3) 台数

(4) 主として運転する者の氏名、運転免許の種類及び運転経験年数

2 総務課長は前項により申込みを受けた場合において、当該自動車等が効率的かつ適正な管理が行われると認めるときは、貸付けを行うものとする。

3 前2項の規定により長期貸付けを受けた自動車等の配車その他の管理は、担当署長等が行うものとする。

(配車管理者)

第16条 前条第3項に定める自動車等の配車を管理する者を配車管理者とする。

(配車計画)

第17条 配車管理者は、自動車等の運行の状況を検討し、効率的使用を図らなければならない。

(使用制限)

第18条 自動車等は、消防行政上必要な業務以外に使用してはならない。

(長期貸付自動車等の使用の手続)

第19条 第15条第2項の規定により長期貸付けを受けた自動車等を当該署、課以外の署、課において使用しようとする場合は、自動車等使用申込(許可)(第4号様式)により総務課長に申込むものとする。

2 前項の規定にかかわらず、緊急やむを得ない理由により、前項に定める手続により申込みができないときは、口頭で自動車等の使用を申込むことができる。この場合において前項の申込書は、自動車等の使用後直ちに提出するものとする。

(使用許可)

第20条 総務課長は、前条第1項の申込みがあったときは、申込みの内容を検討し配車を必要と認めたときは、担当署長等と協議し許可書を申込者に交付するものとする。

(自動車等の点検手入)

第21条 自動車等の点検、手入は、次の各号により行うものとする。

(1) 通常点検、手入 部の交代時及び午後5時

(2) 使用後点検、手入 自動車等の使用後

(3) 現場点検 災害出動等の現場

(4) 定期点検、手入 毎週1回

(運転手等の遵守事項)

第22条 運転手等は、自動車等の運行に当たり必ず点検を行い異状があるときは、直ちに整備管理者及び配車管理者に報告してその指示を受けなければならない。

2 運転手等は、自動車等の運行に当たっては、法令を遵守し、目的、経路等を忠実に守り、事故の防止等安全運転に万全を期すると共に運転技術の向上に努めなければならない。

3 運転手等は、運行についての記録を自動車運行日誌(第5号様式)に記載し、署、課長に報告しなければならない。

4 運転手等は、運行中に交通事故が発生したときは、法令に定められた処置をとり、直ちに安全運転管理者等、整備管理者及び配車管理者に連絡し、指示を受けなければならない。

5 前項の交通事故の状況について、当該運転手等は、自動車等交通事故報告書(第6号様式)により速やかに安全運転管理者等及び整備管理者を経て配車管理者に報告しなければならない。

(事故報告)

第23条 配車管理者は、前条第5項の規定により運転手等から事故報告があったときは、安全運転管理者等及び整備管理者の意見を付して自動車等交通事故調査報告書(第7号様式その1)及び事故発生現場見取図(第7号様式その2)により速やかに総務課長を経て消防長に報告しなければならない。

(燃料の補給)

第24条 燃料を補給しようとする場合は、そのつど担当署長等の承認を得て燃料補給伝票により補給するものとする。

2 担当署長等は、毎月の燃料使用の状況を燃料補給量集計報告書(第8号様式)により消防長に報告しなければならない。

(緊急統制)

第25条 災害その他緊急の場合においては、第15条第2項の規定にかかわらず総務課長は、すべての自動車等の使用の統制をすることができる。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年消本規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年消本規程第2号)

この規程は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年消本規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年消本規程第2号)

この規程は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成9年消本規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年消本規程第5号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第1号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

第1号様式 削除

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防本部庁用自動車管理規程

昭和53年6月1日 消防本部規程第4号

(平成22年9月10日施行)

体系情報
第8編 務/第1章 防/第1節 組織・処務
沿革情報
昭和53年6月1日 消防本部規程第4号
昭和54年4月1日 消防本部規程第1号
昭和57年4月1日 消防本部規程第2号
昭和63年2月5日 消防本部規程第1号
平成2年3月30日 消防本部規程第2号
平成9年4月1日 消防本部規程第7号
平成19年3月30日 消防本部規程第5号
平成22年3月26日 消防本部規程第1号
平成22年9月10日 消防本部規程第4号