○甲府地区広域行政事務組合消防本部消防職員委員会の運営に関する規程

平成8年9月30日

消本規程第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、甲府地区広域行政事務組合消防本部消防職員委員会に関する規則(平成8年規則第9号。以下「規則」という。)第13条の規定に基づき、委員会の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員長等の指名)

第2条 消防長は、委員長及び委員を指名するときは、辞令(様式第1)を交付して行うものとする。

2 消防長は、委員長に事故ある場合は、規則第2条に規定する消防長に準ずる者を委員長に指名するものとする。

(委員の選出等)

第3条 消防職員の推薦による委員の選出は、次の各号のいずれかの方法によって行うものとする。

(1) 組織区分に所属する消防職員の話合いによる方法

(2) 組織区分内の、課(消防本部に限る。)、署(出張所を除く。)及び出張所ごとに推薦人を選出し、その話合いによる方法

2 組織区分の代表者は、当該組織区分に所属する消防職員の推薦する職員が決定したときは、推薦書(様式第2)により消防長に報告するものとする。

3 消防長は、委員を指名したときは、所属消防職員に公表するものとする。

(意見の提出期間)

第4条 規則第8条第1項に規定する意見の提出できる期間は、消防長が委員長と協議して定めるものとする。

(委員会の会議)

第5条 委員会の会議は、非公開とする。

2 意見の審議にあたっては、意見を提出した者の氏名を伏せて審議するものとする。

3 消防職員から提出された意見については、継続審議の取扱いをしないものとする。

(意見の区分)

第6条 規則第10条の報告書は、消防職員委員会審議報告書(様式第3)によるものとし、次の各号に掲げる区分に分類して提出するものとする。

(1) 実施することが適当であるもの

(2) 諸課題を検討する必要があるもの

(3) 実施は困難と考えるもの

(4) 現行どおりでよいもの

(消防長の処置等)

第7条 消防長は、委員会から審議に基づき提出された意見に対し、その趣旨を尊重して処置するよう努めるものとする。

2 消防長は、前項に定める意見が提出された場合は、処置の結果を所属消防職員に周知するものとする。

(委員及び職員への配慮)

第8条 所属長は、特別の事情がある場合を除き、委員である職員を委員会に出席させるものとする。

2 職員は、委員会へ意見を提出したこと又は委員会の委員として正当な行為を行ったことの故をもって不利益な取扱いは受けないものとする。

(関係書類の備え付け)

第9条 委員会に、委員名簿及び審議結果等の関係書類を備えるものとする。

附 則

この規程は、平成8年10月1日から施行する。

附 則(平成17年消本規程第9号)

この規程は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成17年消本規程第11号)

この規程は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防本部消防職員委員会の運営に関する規程

平成8年9月30日 消防本部規程第6号

(平成17年9月6日施行)