○甲府地区消防本部消防広報規程

平成3年7月2日

消本規程第2号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規程は、消防広報業務(以下「広報業務」という。)を効果的かつ能率的に推進するために必要な事項を定めることを目的とする。

(意義)

第2条 この規程において広報業務とは、住民サービスを主眼とした消防行政を円滑に推進するため、住民の意見を的確にとらえ、これを施策に反映させるとともに消防の実態を正しく住民に伝え、理解と協力を得るための業務で、次の各号に掲げるものをいう。

(1) 広報計画の企画、調整及び研究に関すること。

(2) 内部広報の充実に関すること。

(3) 広報印刷物の作成に関すること。

(4) 集会等による消防広報に関すること。

(5) 災害の消防広報に関すること。

(6) 住民、その他の広報媒体に対する情報提供及び便宜供与等に関すること。

(7) 関係官公庁及び報道機関等との広報連絡に関すること。

(8) 意識調査及びアンケート等の調査に関すること。

(9) 消防施設等の見学に関すること。

(10) その他の広報業務に関すること。

(職員の心構え)

第3条 職員はすべて、行政の推進者であることを自覚し、広報業務を適正に執行するため、あらゆる機会を通して消防行政に係わる情報の伝達と収集に努め、住民とのより良い信頼関係を保持しなければならない。

2 職員は、広報業務を推進するための必要な知識及び技術の修得に努めなければならない。

第2章 広報責任

(企画課長の責務)

第4条 企画課長は、第2条に掲げる広報業務について積極的に推進するものとする。

2 企画課長は、消防長特命による特別の広報業務(音楽隊の対外演奏等を含む。)を行う場合には、甲府地区消防広報委員会(以下「広報委員会」という。)に計り、適切にこれを行うものとする。

3 企画課長は、課及び署において、消防行政施策に重大な影響を及ぼす広報事案が発生し又は発生が予測される場合は、その広報手段等の方法を助言するものとする。

(課長の責務)

第5条 課長は、主管業務に係わる広報業務について資料を整備しておくものとする。

(消防署長の責務)

第6条 消防署長(以下「署長」という。)は、主管業務に係わる広報業務が円滑に推進できるよう、消防署のあらまし、管内の災害状況、防火対象物の実態、震災対策、火災予防対策及びその他広報業務に活用できる資料を整備し、積極的に推進するものとする。

第3章 業務推進体制

(広報委員会の設置)

第7条 第2条の業務を推進し、消防広報体制の充実強化及びその適正を期すため、広報委員会を設置する。

2 広報委員会の組織、運営、その他については、別に定める。

(広報担任者の指定)

第8条 消防情報を収集し、広報業務を効率的に行うため広報担任者を置くものとする。

2 前項の広報担任者は、課及び署の庶務を担当する係長の職にあるものとする。

(広報担任者の責務)

第9条 広報担任者は、課長又は署長の指示を受け、主管業務に係わる広報業務を行うための具体的な推進及び連絡調整にあたるものとする。

(広報指針)

第10条 企画課長は、第2条に掲げる広報を推進するため毎年度末までに、翌年度実施すべき広報指針を示すものとする。

(広報計画)

第11条 課長及び署長は、前条の広報指針に基づきそれぞれの広報業務実施事項を定め、企画課長を経て消防長に報告するものとする。

2 前項の広報業務実施事項については、月間行事予定表をもって充てることができる。

(技術指導)

第12条 企画課長は、広報を効率的に行うため、必要があると認めるときは、技術指導を行うものとする。

(広報支援の要請)

第13条 課長及び署長は、広報の推進にあたって必要があると認めるときは、企画課長に対して支援を要請することができる。

(職員の派遣)

第14条 企画課長は、前条の規定に基づく要請があったとき、又は必要があると認めるときは、広報業務に対し職員を派遣することができる。

(内部広報)

第15条 課長及び署長は、必要な情報を収集し、その内容の統一を図り、内部広報の充実に努めるものとする。

(情報提供)

第16条 課長及び署長は、報道機関等に対し、災害及びその他必要と認める事案が発生したときは、公共性、速報性等を十分考慮して、必要な情報を提供するものとする。

2 前項の情報提供にあたっては、その目的、内容及び消防行政に対する反映等を勘案しながら、適切に対応するものとし、事案の内容及びその軽重等に応じ、記者会見又は報道発表等により行うものとする。この場合、事後において企画課長へ連絡するものとする。

3 前2項以外のものの情報提供については、企画課長が行うものとする。

第4章 会議

(広報連絡会議)

第17条 広報の連絡調整及び消防情報の交換並びに広報計画等について、広報連絡会議を開くものとする。

2 前項の広報連絡会議は、広報担任者をもって構成し、企画課長が招集するものとする。

(庶務)

第18条 広報連絡会議の庶務は、企画広報係において処理する。

第5章 雑則

(委任)

第19条 この規程の運用について必要な事項は、消防長が別に定めるものとする。

附 則

この規程は、平成3年7月10日から施行する。

附 則(平成5年消本規程第10号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成9年消本規程第3号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成12年消本規程第4号)

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年消本規程第7号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

甲府地区消防本部消防広報規程

平成3年7月2日 消防本部規程第2号

(平成17年4月1日施行)