○甲府地区広域行政事務組合消防署の運営に関する規程

昭和48年5月15日

消本規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、消防署の適正な運営による消防任務の達成に必要な事項につき別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(勤務)

第2条 職員の勤務は、毎日勤務及び隔日勤務の2種とする。

2 毎日勤務の職員は、署長、副署長及び消防長の指定する職員とする。

3 前項以外の職員は、1部及び2部に分け、それぞれ隔日交付に24時間勤務とする。

(服務)

第3条 前条第3項に規定する職員は、消防活動業務分担表(第1号様式)により署長が定める当番勤務時間割表(第2号様式)に基づき、警備勤務に服するほか別に定める当直勤務に服さなければならない。

2 警備勤務の勤務時間は、消防士、消防副士長、消防士長が1時間を単位として輪番制とする。

(警備勤務)

第4条 警備勤務は、庁舎前等所定の位置において火災、救急の駈込通報、庁舎内外及び機械器具の監視、来訪者の応接等の業務に勤務するものとする。

2 勤務中の職員は、出場命令(訓練を含む。)を受けたときは、これに応じなければならない。

第5条 削除

(交代・服装)

第6条 職員は、第4条の規定する勤務に服するときは、活動服、編上靴、略帽とし、前勤務者から確実迅速に必要事項の引継を受け、間断なく勤務しなければならない。

(当番勤務)

第7条 当番勤務は、訓練、研修、機械器具の点検整備、消防活動上必要な作業、庁舎内外の清掃、事務処理等に勤務するものとする。

2 勤務する職員は、第4条第1項及び第5条第1項に規定する勤務に服している以外の職員とする。

(勤務表等)

第8条 第2条第3項に規定する職員は、所定の勤務に服するときは、勤務表(第3号様式)の所定欄に記号(別表)により表示するものとする。

2 消防署、出張所に消防日誌(第4号様式)を備え、勤務中における火災その他必要な事項を記載しておくものとする。

(定例招集)

第9条 署長は、毎月1回以上所属職員を招集して職務執行上必要な事項につき訓示、教養等を行わなければならない。

(指導監督)

第10条 署長及び所長以上の階級にある職員(以下「幹部」という。)は、次に掲げる事項について常に所属職員を指揮監督し、業務執行の適正を期さなければならない。

(1) 素行の良否

(2) 服装、姿勢、言語及び態度の良否

(3) 服務の状況

(4) 関係法令、規程等に対する知識

(5) 点検、操法、礼式等の習熟度

(6) 上司、同僚及び部下との関係

(7) 貸与品の保管及び取扱の適否

(8) 機械器具及び備品、消耗品の保管取扱の適否

(9) 住民応対の適否

(10) その他必要と認める事項

2 署長、副署長及び次席は、毎月1回以上その署に属する出張所を巡視し、必要な指導、激励及び意見の聴取を行わなければならない。

3 巡視を行った幹部は、勤務表の記事欄に必要な事項を記載して押印するとともに、署長に報告しなければならない。

(報告)

第11条 当番の次席は、火災その他必要な事項を署長に報告しなければならない。

2 署長は、前項の報告を受けたもののうち、災害、調査、身上等、その他必要な事項は速やかに消防長に報告しなければならない。ただし、勤務状況調(第5号様式(その1)(その2)その他日常の業務で軽易なものについては、翌月の5日までに一括して報告するものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(昭和49年消本規程第8号)

この規程は、昭和50年1月1日から施行する。

附 則(昭和57年消本規程第6号)

この規程は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年消本規程第3号)

この規程は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年消本規程第2号)

この規程は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成2年消本規程第8号)

この規程は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成4年消本規程第15号)

この規程は、平成4年8月1日から施行する。

附 則(平成5年消本規程第2号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成9年消本規程第4号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成16年消本規程第3号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年消本規程第3号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第1号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年消本規程第1号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

記号

摘要

記号

摘要

警備勤務

警備出場

当番〃

訓練出場

夜勤

火災原因又は損害調査

火災出動

地理水利調査

救急出動

立入検査

火災救急以外の災害出動

調

その他の調査(事務連絡等を含む。)

記号は青色で表示すること。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防署の運営に関する規程

昭和48年5月15日 消防本部規程第3号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第8編 務/第1章 防/第2節
沿革情報
昭和48年5月15日 消防本部規程第3号
昭和49年12月28日 消防本部規程第8号
昭和57年4月1日 消防本部規程第6号
昭和59年3月28日 消防本部規程第3号
昭和61年4月1日 消防本部規程第2号
平成2年3月30日 消防本部規程第8号
平成4年7月27日 消防本部規程第15号
平成5年3月30日 消防本部規程第2号
平成9年3月28日 消防本部規程第4号
平成16年3月12日 消防本部規程第3号
平成19年3月30日 消防本部規程第3号
平成22年3月26日 消防本部規程第1号
平成23年2月1日 消防本部規程第1号