○甲府地区広域行政事務組合消防職員給与品及び貸与品取扱規程

平成4年4月1日

消本規程第9号

(給与品の基準)

第2条 規則第2条に定める給与品は、別表第1に掲げる基準により各自必要に応じて選択(以下「選択被服」という。)することができる。

2 選択被服は、毎年度職員ごとに賦与する次に掲げる点数(以下「持点」という。)の範囲内で、給与するものとする。ただし、残点数は、翌年度以降繰越すことができない。

(1) 救急係に配置された職員 130点

(2) 高度救助隊に配置された職員 140点

(3) 管理又は監督の地位にある職員 80点

(4) その他の職員 100点

3 新たに職員になった者の持点は、職員となった年度の翌年度から有するものとする。

4 第2項の規定にかかわらず新たに救急隊員又は高度救助隊員となった職員の持点は、当該年度に限り100点とする。ただし、消防長が救助又は救急業務に必要と認める給与品は、選択被服とは別に給与するものとする。

5 休職中の職員又は派遣を命じられた職員は、その期間中、選択被服の給与対象外とする。ただし、復職又は派遣が解除された時は必要な被服等を給与するものとする。

(給与の手続)

第3条 選択被服の給与を受けようとする者は、毎年4月1日現在において現に給与されている物の状況を勘案し、当該年度に賦与された持点の範囲内で選択し、被服等調査表(第1号様式)により、所属長に提出するものとする。

2 所属長は、前項の調査結果に基づき給与品集計表(第2号様式)を作成するとともに、給貸与品整理簿(第3号様式)に必要事項を記入のうえ、調査表を添えて、消防長に4月10日までに提出しなければならない。

3 給貸与品整理簿は、各所属において保管するものとし、所属長は異動等により所属職員に変更が生じたときは、速やかに給貸与品整理簿を転出先に送付しなければならない。

(再貸与等の手続)

第4条 職員は、規則第3条に定める貸与品で、長期の使用により損傷した場合又は、階級等に変動を生じた場合に限り、再貸与申請書(第4号様式)により、現品とともに消防長に申請し、再貸与を受けることができる。

2 職員は、規則第7条による届け出をする場合は、給貸与品紛失等届(第5号様式)により、速やかに消防長に届け出なければならない。

3 消防長は、前2項の内容を審査し、必要な処理を行うものとする。

(給与品及び貸与品の管理)

第5条 消防長は、第3条に規定する手続きに当たっては、職員の給与品が著しく損傷していると認められるときは、当該職員の選択する品目を指示又は変更することができる。

2 消防長は、給与品で規格の変更があった場合は、職員の選択する品目を変更することができる。

3 消防長は、職員の給与品及び貸与品の管理状況について、適宜検査することができる。

(返納の基準及び取扱い)

第6条 職員は、規則第8条により給与品及び貸与品を返納する場合は、洗濯、補修等を行って現品とともに返納届(第6号様式)により、速やかに消防長に届け出なければならない。

2 救急隊員及び救助隊員に限り貸与された被服等については、異動等により必要を欠いた場合、洗濯、補修等を行って、返納届(第6号様式)により、速やかに消防長に届け出なければならない。

(給与品及び貸与品の処分)

第7条 更新期間の経過した給与品は、これを本人に付与する。ただし、次回給与品の更新期限内これを保存しなければならない。

2 消防長は、給与品及び貸与品を処分する場合は、甲府地区広域行政事務組合消防本部であることを示す表示等を、抹消又は除去しなければならない。

3 職員は、更新期間の経過した給与品を処分する場合は、前項に準じて行うものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年消本規程第2号)

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成11年消本規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年消本規程第7号)

この規程は、平成13年6月1日から施行する。

附 則(平成14年消本規程第1号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年消本規程第4号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年消本規程第5号)

この規程は、平成15年7月1日から施行する。

附 則(平成16年消本規程第2号)

この規程は、平成16年3月1日から施行する。

附 則(平成17年消本規程第3号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年消本規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年消本規程第1号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第3号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年消本規程第1号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年消本規程第1号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年消本規程第1号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年消本規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年消本規程第1号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年消本規程第1号)

この規程は、令和3年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

区分

品目

1回に申告できる最大数量

数量1当たりの点数

制帽

男性

(合)

1

18

夏帽

1

15

女性

(合)

1

24

夏帽

1

23

略帽

(合)

1

12

夏帽

1

12

冬服

男性

上衣

1

46

ズボン

2

25

女性

上衣

1

47

ズボン

2

28

スカート

1

27

夏服

男性

長袖

1

20

半袖

2

19

ズボン

2

20

女性

長袖

1

20

半袖

2

19

ベスト

1

25

ズボン

2

20

スカート

1

20

活動服

上衣

長袖

2

35

長袖(夏用)

2

35

半袖

2

34

ズボン

(合)

2

32

夏用

2

32

救急服

上衣

長袖

2

27

長袖(夏用)

2

27

半袖

2

25

ズボン

(合)

2

21

夏用

2

20

救助服

上衣

2

48

ズボン

2

47

作業服

ハイネックシャツ

2

10

Tシャツ

2

5

救助ハイネック

2

7

救助Tシャツ

2

6

バンド

制服用

1

12

活動服用

1

3

救急服用

1

5

救助服用

1

6

防寒コート

制服用

1

31

活動服用

1

40

救急服用

1

40

雨衣

上衣

1

63

ズボン

1

40

短靴

1

18

安全靴

1

11

編上靴

1

28

救助編上靴

1

28

ネクタイ

2

3

ワイシャツ

2

8

手袋

(布)

2

1

ケブラー

1

20

救助手袋

1

10

2

5

ヘッドライト

1

17

ゴーグル

1

8

保安帽

1

20

防火フード

1

16

画像画像

画像

画像画像画像

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防職員給与品及び貸与品取扱規程

平成4年4月1日 消防本部規程第9号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第8編 務/第1章 防/第2節
沿革情報
平成4年4月1日 消防本部規程第9号
平成7年3月31日 消防本部規程第2号
平成11年4月1日 消防本部規程第5号
平成13年5月7日 消防本部規程第7号
平成14年3月15日 消防本部規程第1号
平成14年3月18日 消防本部規程第4号
平成15年6月20日 消防本部規程第5号
平成16年2月17日 消防本部規程第2号
平成17年3月22日 消防本部規程第3号
平成19年4月13日 消防本部規程第6号
平成20年3月31日 消防本部規程第1号
平成22年3月26日 消防本部規程第3号
平成25年3月27日 消防本部規程第1号
平成28年2月2日 消防本部規程第1号
平成30年1月17日 消防本部規程第1号
平成31年2月21日 消防本部規程第1号
令和2年3月30日 消防本部規程第1号
令和3年2月25日 消防本部規程第1号