○甲府地区広域行政事務組合消防救じゅつ金条例施行規則

昭和49年12月27日

規則第10号

(目的)

第1条 この規則は、甲府地区広域行政事務組合消防救じゅつ金条例(昭和48年条例第23号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(災害事故発生報告)

第2条 条例第2条に規定する救じゅつ金の授与理由が発生したときは、所属長は、消防長を経て速やかに、その災害事故発生報告書(第1号様式)を管理者に提出しなければならない。

2 前項の報告書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 条例第3条に該当する事実を記載した医師の診断書又は検案書

(2) 殉職者救じゅつ金にあっては、前号に掲げるもののほか、戸籍謄本及び扶養親族明細書

(3) その他管理者が必要と認める書類

(審査付託)

第3条 管理者は、前条の報告を受けたときは、条例第5条に規定する救じゅつ金審査委員会(以下「委員会」という。)の審査に付するものとする。

(委員会の組織)

第4条 委員会の委員は、委員7人をもって組織し、委員は、次の各号に掲げる者を管理者が委嘱又は任命する。

(1) 甲府地区広域行政事務組合議長

(2) 市立甲府病院長

(3) 消防長

(4) 学識経験を有する者

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によって定める。

2 委員長は、委員会の会務を総理し、会議の議長となる。

(委員会)

第6条 委員長は、管理者から審査の要求があったときに委員会を招集する。

2 委員会は、委員の3分の2以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 議事は、委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(関係者の意見等)

第7条 委員会は、必要があると認めるときは、関係者から意見若しくは説明を聞き、又は必要な資料の提出を求めることができる。

(報告)

第8条 委員長は、審査の結果を報告書(第2号様式)により管理者に報告しなければならない。

(救じゅつ金証書)

第9条 管理者は、委員会の報告に基づき、救じゅつ金の額を認定したときは、救じゅつ金証書(第3号様式)及び救じゅつ金を授与する。

(委員会の庶務)

第10条 委員会の庶務は、消防本部人事教養課において処理する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年規則第7号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

甲府地区広域行政事務組合消防救じゅつ金条例施行規則

昭和49年12月27日 規則第10号

(昭和57年4月1日施行)