○火気取締に関する訓令〔管財課〕

昭和25年4月1日

訓令第3号

第1条 この訓令は、庁舎その他の施設に対して、火災予防の徹底を期するため、必要な事項を定めるものとする。

(平14訓令16・一部改正)

第2条 (室)長は、それぞれその室ごとに、火気取締責任者正副各1名を選任しなければならない。

(平14訓令16・平29訓令6・一部改正)

第3条 火気取締責任者は、この訓令によって火気の取締に任じ常に課(室)室内の火器の保管及び取扱いにつき、その責を負わなければならない。

(平14訓令10・平14訓令16・平29訓令6・一部改正)

第4条 火気取締責任者は、退庁のとき使用した火気を消し火鉢その他の火器は、発火のおそれのないよう廊下に搬出しなければならない。

第5条 休日又は執務時間外において火気を使用したときは、退庁のとき確実に残火の始末をした上、その旨守衛に申し出でなければならない。

2 前項に対する申し出でを受けた守衛は爾後の取締に当らなければならない。

(平14訓令16・一部改正)

第6条 発火性、引火性の危険物を貯蔵し又は取扱う箇所には、火気厳禁の標示をしなければならない。

2 前項の標示ある箇所においては、絶対に火気を使用してはならない。

(平14訓令16・一部改正)

第7条 (室)室及び各施設等の出入口には、火気取締責任者を明らかにしておかなければならない。

(昭34訓令13・平14訓令16・平29訓令6・一部改正)

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和34年8月8日訓令第13号)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

2 この訓令による改正前の規定に基く様式の帳票等は、なお当分の間使用することができる。

附 則(平成14年9月26日訓令第10号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成14年9月27日訓令第16号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成29年3月29日訓令第6号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

火気取締に関する訓令

昭和25年4月1日 訓令第3号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第2章 服務・研修
沿革情報
昭和25年4月1日 訓令第3号
昭和34年8月8日 訓令第13号
平成14年9月26日 訓令第10号
平成14年9月27日 訓令第16号
平成29年3月29日 訓令第6号