○熊本市休職者の給与に関する規則〔人事委員会事務局〕

平成6年4月1日

人委規則第16号

(支給割合)

第1条 熊本市一般職の職員の給与に関する条例(昭和26年条例第5号。以下「条例」という。)第32条第5項の規定に該当する場合の給料、扶養手当、地域手当、住居手当及び期末手当のそれぞれの支給割合は、次のとおりとする。

(1) 熊本市職員の分限及び懲戒等に関する条例(昭和28年条例第6号。以下「分限条例」という。)第3条の規定に該当して休職された場合(次号に掲げる場合を除く。) 100分の70以内

(2) 分限条例第3条第3号の規定に該当して休職にされた場合で、職員が公務上の災害又は通勤(地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)第2条第2項に規定する通勤をいう。以下同じ。)による災害(外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例(昭和63年条例第34号)に定める派遣職員の派遣先の業務上の災害又は通勤による災害を含む。)を受けたと認められるとき 100分の100以内

(平18人委規則9・平29人委規則1・一部改正)

(端数計算)

第2条 条例第32条第2項から第5項までの規定による給料又は地域手当の月額に1円未満の端数があるときは、それぞれその端数を切り捨てた額をもって当該給与の月額とする。

(平14人委規則23・平18人委規則9・平29人委規則1・一部改正)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際に現に条例第32条の規定により市長の定めるところに基づいてなされた休職者の給与に関する決定その他の手続は、この規則の相当規定に基づいてなされたものとする。

(平14人委規則24・一部改正)

附 則(平成14年9月26日人委規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年9月26日人委規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月29日人委規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日人委規則第1号)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

熊本市休職者の給与に関する規則

平成6年4月1日 人事委員会規則第16号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 給料・諸手当
沿革情報
平成6年4月1日 人事委員会規則第16号
平成14年9月26日 人事委員会規則第23号
平成14年9月26日 人事委員会規則第24号
平成18年3月29日 人事委員会規則第9号
平成29年3月30日 人事委員会規則第1号