○熊本市職員に対する被服貸与訓令〔労務厚生課〕

昭和32年5月20日

訓令第10号

(趣旨)

第1条 この訓令は、本市の一般職の職員(消防局、上下水道局、交通局及び病院局の職員を除く。)に対する被服の貸与について必要な事項を定めるものとする。

(昭59訓令1・平8訓令8・平14訓令16・平21訓令1・一部改正)

(被貸与者、貸与品及び貸与期間)

第2条 被服の貸与を受ける者(以下「被貸与者」という。)並びに貸与される被服(以下「貸与品」という。)の種類及び貸与期間は、別表のとおりとする。

(昭32訓令20・昭59訓令1・一部改正)

(貸与日及び着用期間)

第3条 被服の貸与日及び着用期間は、原則として次のとおりとする。

 

貸与日

着用期間

夏用

5月31日

6月1日から9月30日まで

合用

5月31日

通年

冬用

9月30日

10月1日から翌年5月31日まで

(昭59訓令1・旧第4条繰上・全改、平8訓令8・平17訓令6・一部改正)

(着用及び保管上の義務)

第4条 被貸与者は、善良なる注意をもって貸与品を着用し、又は保管しなければならない。

2 貸与品の補修は、被貸与者の負担とする。

(昭59訓令1・旧第5条繰上・一部改正、平14訓令10・一部改正)

(貸与品の返納)

第5条 被貸与者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、貸与品を返納しなければならない。ただし、市長が返納する必要がないと認めた場合は、この限りでない。

(1) 被貸与者が退職したとき。

(2) 被貸与者が異動した場合において、異動前に受けた貸与品が異動後において貸与されないこととなり、かつ、当該貸与品の貸与期間が満了していないとき。

2 貸与期間の満了した貸与品(妊産婦服を除く。)は、返納を要しない。

(昭59訓令1・旧第6条繰上・全改、平17訓令6・平20訓令1・一部改正)

(貸与状況の記録)

第6条 労務厚生課長(教育委員会事務局の職員にあっては、教育委員会事務局教育政策課長)は、被服台帳を備え、貸与品の貸与状況等を明らかにしておかなければならない。

(昭59訓令1・旧第9条繰上・全改、昭62訓令2・平5訓令5・平8訓令8・平11訓令4・平18訓令6・平20訓令2・平21訓令1・平24訓令2・平28訓令6・一部改正)

(再貸与)

第7条 貸与期間内において貸与品が通常の使用により損耗し、又は毀損して、着用に耐えられないと認められるときは、当該貸与品と同種類の被服を新たに貸与することができる。

(平29訓令4・追加)

(緊急貸与)

第8条 災害等、市長が特に必要と認めるときは、別表に規定するもののほか、必要な被服を貸与することができる。

2 前項の貸与を行うときは、貸与する被服の種類、貸与数、貸与期間等を別に定めるものとする。

(平8訓令8・追加、平29訓令4・旧第7条繰下)

(委任)

第9条 この訓令の施行に関し必要な事項は、別に定める。

(昭59訓令1・追加、平8訓令8・旧第7条繰下、平14訓令16・一部改正、平29訓令4・旧第8条繰下)

附 則

1 この訓令は、公布の日から施行し、昭和32年4月1日から適用する。

2 昭和32年4月1日に現に貸与を受けているものは、この規程により貸与を受けたものとみなす。

3 吏員等被服貸与規程(昭和5年訓令第13号)、乗用自動車運転手服制(昭和25年訓令第12号)及び守衛服制(昭和25年訓令第11号)は、廃止する。

(下益城郡富合町の編入に伴う経過措置)

4 下益城郡富合町の編入の日前に旧富合町職員被服類貸与規程(昭和53年訓令甲第6号。以下「旧富合町訓令」という。)の規定により貸与された被服類(老人ホームの看護師及び技師に貸与されたものに限る。以下同じ。)は、この訓令の相当規定により貸与されたものとみなす。

(平20訓令13・追加)

5 前項の規定により貸与されたものとみなされる被服類の貸与期間は、旧富合町訓令の規定による貸与期間の残存期間とする。

(平20訓令13・追加)

附 則(昭和32年10月25日訓令第20号)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

2 この訓令施行の日に現に被服の貸与を受けているものは、この規程により貸与を受けたものとみなす。

附 則(昭和37年3月31日訓令第4号)

1 この訓令は、昭和37年4月1日から施行する。

2 この訓令施行の日に現に被服の貸与を受けているものは、この規程により貸与を受けたものとみなす。

附 則(昭和38年4月11日訓令第3号)

この訓令は、昭和38年4月1日から施行する。

附 則(昭和39年10月1日訓令第24号)

この訓令は、令達の日から施行し、昭和39年6月1日から適用する。

附 則(昭和43年4月1日訓令第7号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(昭和44年8月22日訓令第11号)

この訓令は、令達の日から施行し、昭和44年6月1日から適用する。

附 則(昭和46年9月4日訓令第8号)

この訓令は、昭和46年9月4日から施行する。

附 則(昭和50年5月1日訓令第1号)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

2 この訓令の施行の際、現に被服の貸与を受けているものは、この訓令による改正後の熊本市職員に対する被服貸与規程の規定により被服の貸与を受けたものとみなす。

附 則(昭和59年1月13日訓令第1号)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(昭和62年3月30日訓令第2号)

この訓令は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成元年3月20日訓令第1号)

この訓令は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成元年5月17日訓令第6号)

この訓令は、平成元年6月1日から施行する。

附 則(平成3年10月1日訓令第16号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成5年4月16日訓令第5号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成8年4月1日訓令第3号)

(施行期日)

第1条 この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成8年10月21日訓令第8号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成10年4月1日訓令第3号)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

2 この訓令による改正後の別表の規定は、平成10年4月1日以後貸与される被服について適用する。

3 平成10年3月31日までの日において現に貸与されている被服及び同年4月1日から平成11年3月31日までの間に新たに貸与されることとなる被服の貸与期間については、この訓令による改正後の別表の規定にかかわらず、同表に定める貸与期間に1年を加えた期間を当該被服の貸与期間とする。

附 則(平成11年3月31日訓令第4号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日訓令第2号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成14年9月26日訓令第10号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成14年9月27日訓令第16号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成17年3月31日訓令第6号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第6号)

1 この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日の前日において現に貸与されている運転服の貸与期間については、この訓令による改正前の別表に規定する期間にかかわらず、同日までとする。

附 則(平成20年3月13日訓令第1号)

1 この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日の前日において現に貸与されている保健師服(防寒ジャケットを除く。)及び事務服の貸与期間については、この訓令による改正前の別表に規定する期間にかかわらず、同日までとする。

附 則(平成20年3月31日訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年10月3日訓令第13号)

この訓令は、平成20年10月6日から施行する。

附 則(平成21年3月23日訓令第1号)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日の前日において現に熊本市民病院、熊本産院及び下水道部(河川課を除く。)の職員に貸与されている被服の貸与期間については、この訓令による改正前の別表に規定する期間にかかわらず、同日までとする。

附 則(平成24年1月19日訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月29日訓令第12号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日訓令第11号)

この訓令は、令達の日から施行する。ただし、別表(1)男子職員の表水防服の項の改正規定及び別表(2)女子職員の表水防服の項の改正規定は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日訓令第10号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成28年2月18日訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成28年3月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日訓令第6号)

1 この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

2 この訓令による改正前の熊本市職員に対する被服貸与訓令第2条の規定により貸与した被服であって、この訓令の施行の際貸与期間が満了していないものについては、当該期間が満了する日までは、なお従前の例による。

附 則(平成29年3月27日訓令第4号)

1 この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日の前日において現に貸与されている被服(同日をもって貸与期間が満了するものを含む。)の貸与期間については、この訓令による改正後の別表の規定を適用する。

附 則(平成30年3月28日訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日において現に貸与されている被服であってこの訓令による改正後の別表に定めるもの(同日をもって貸与期間が満了するものを含む。)の貸与期間については、この訓令による改正後の別表の規定を適用する。

3 この訓令の施行の日の前日において現に貸与されている被服であってこの訓令による改正後の別表に定めのないもの(同日をもって貸与期間が満了するものを除く。)の貸与期間については、同日限り、満了したものとみなす。

別表(第2条関係)

(平17訓令6・全改、平18訓令6・平20訓令1・平20訓令13・平24訓令2・平24訓令12・平26訓令11・平27訓令10・平28訓令1・平28訓令6・平29訓令4・平30訓令3・一部改正)

(1) 男子職員

被服名

対象範囲

種類

着用区分

貸与数

貸与期間

守衛服

市庁舎の守衛の業務に従事する職員

帽子

合用

1

5年

制服Ⅰ(上)

夏用

1

2年

冬用

1

4年

制服Ⅰ(下)

夏用

1

3年

冬用

1

永年

制服Ⅱ(上・下)

夏用

1

3年

冬用

1

3年

ワイシャツ

冬用

1

2年

ネクタイ

冬用

1

永年

防寒コート

冬用

1

永年

革靴

合用

1

3年

作業服

1 清掃業務等に従事する業務職員及び別に定める職員

帽子

夏用

1

2年

作業服(上・下)、作業服(上・上)又は作業服(下・下)

夏用又は冬用

1

1年

2 清掃業務等に従事する前項以外の職員で別に定めるもの

帽子

夏用

1

4年

作業服(上・下)

夏用

1

4年

冬用

1

4年

3 一般技術職員等で別に定めるもの

作業服(上・下)

夏用

1

4年

冬用

1

4年

調理師服

調理業務に従事する職員

白衣

夏用

1

2年

冬用

1

2年

防寒服

1 環境局の収集業務に従事する職員及び別に定める職員

ウィンドブレーカー

冬用

1

3年

2 外勤等を主とする業務に従事する職員で別に定めるもの

防寒コート又は防寒ジャンパー

冬用

1

永年

水防服

局長級以上の職員

水防服(上・下)

合用

1

別に定める期間

(2) 女子職員

被服名

対象範囲

種類

着用区分

貸与数

貸与期間

保健師服

保健所又は各区役所保健子ども課に勤務する保健師

防寒ジャケット

冬用

1

永年

作業服

1 清掃業務等に従事する業務職員及び別に定める職員

帽子

夏用

1

2年

作業服(上・下)、作業服(上・上)又は作業服(下・下)

夏用又は冬用

1

1年

2 清掃業務等に従事する前項以外の職員で別に定めるもの

帽子

夏用

1

4年

作業服(上・下)

夏用

1

4年

冬用

1

4年

3 一般技術職員等で別に定めるもの

作業服(上・下)

夏用

1

4年

冬用

1

4年

調理師服

調理業務に従事する職員

白衣

夏用

1

2年

冬用

1

2年

防寒服

外勤等を主とする業務に従事する職員で別に定めるもの

防寒コート

冬用

1

永年

水防服

局長級以上の職員

水防服(上・下)

合用

1

別に定める期間

妊産婦服

妊娠期間中の職員

ワンピース

合用

1

別に定める期間

熊本市職員に対する被服貸与訓令

昭和32年5月20日 訓令第10号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 給料・諸手当
沿革情報
昭和32年5月20日 訓令第10号
昭和32年10月25日 訓令第20号
昭和37年3月31日 訓令第4号
昭和38年1月12日 訓令第1号
昭和38年4月1日 訓令第3号
昭和38年6月1日 訓令第7号
昭和39年10月1日 訓令第24号
昭和40年10月15日 訓令第18号
昭和43年4月1日 訓令第7号
昭和44年8月22日 訓令第11号
昭和46年9月4日 訓令第8号
昭和50年5月1日 訓令第1号
昭和59年1月13日 訓令第1号
昭和62年3月30日 訓令第2号
平成元年3月20日 訓令第1号
平成元年5月17日 訓令第6号
平成3年10月1日 訓令第16号
平成5年4月16日 訓令第5号
平成8年4月1日 訓令第3号
平成8年10月21日 訓令第8号
平成10年4月1日 訓令第3号
平成11年3月31日 訓令第4号
平成14年3月29日 訓令第2号
平成14年9月26日 訓令第10号
平成14年9月27日 訓令第16号
平成17年3月31日 訓令第6号
平成18年3月31日 訓令第6号
平成20年3月13日 訓令第1号
平成20年3月31日 訓令第2号
平成20年10月3日 訓令第13号
平成21年3月23日 訓令第1号
平成24年1月19日 訓令第2号
平成24年3月29日 訓令第12号
平成26年3月31日 訓令第11号
平成27年3月30日 訓令第10号
平成28年2月18日 訓令第1号
平成28年3月31日 訓令第6号
平成29年3月27日 訓令第4号
平成30年3月28日 訓令第3号