○熊本市庁用自動車の管理に関する訓令〔管財課〕

平成10年11月30日

訓令第9号

熊本市庁用自動車管理規程(昭和42年訓令第5号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この訓令は、公用自動車及び原動機付自転車(交通局、上下水道局及び病院局の管理に属するものを除く。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(平14訓令16・平18訓令9・平21訓令9・一部改正)

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公用自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「車両法」という。)第2条第2項に規定する自動車で、市が自ら使用するために所有又は占有をするものをいう。

(2) 原動機付自転車 車両法第2条第3項に規定する原動機付自転車で、市が自ら使用するために所有又は占有をするものをいう。

(3) 庁用自動車 公用自動車及び原動機付自転車をいう。

(4) 共用車 専属する運転手がいる公用自動車で、各課室からの使用申込みにより使用されるものをいう。

(5) 貸出車 専属する運転手がいない公用自動車で、各課室からの使用申込みにより当該課室の職員が運転して使用するものをいう。

(6) 専用車 公用自動車で、特定の課室が、その所管する事務事業の遂行のために長期にわたって使用するものをいう。

(7) 借上車 市と自動車運送事業者との間で締結された自動車供給契約に基づき使用される自動車をいう。

(平14訓令16・平29訓令5・平29訓令5・一部改正)

(整備管理者)

第3条 車両法第50条第1項の規定に基づき自動車整備管理者(以下「整備管理者」という。)を置く。

2 整備管理者は、次に掲げる事務を行うものとする。

(1) 公用自動車の整備計画の策定及び実施に関すること。

(2) 公用自動車の運行前点検の実施に必要な指導及び監督に関すること。

(3) 公用自動車の使用の可否の決定、使用方法の指示及び運行の距離又は経路の制限に関すること。

(4) 公用自動車の定期点検整備記録簿その他の点検及び整備に関する書類の整理及び保管に関すること。

(5) 公用自動車の事故防止に必要な措置に関すること。

(6) 前各号に規定する事務の円滑な遂行のために必要な運転手その他の者に対する指導及び監督に関すること。

(整備管理代務者)

第4条 自動車整備管理の実施に当たり、必要と認めるときは、整備管理者を補助する者として整備管理代務者を置くものとする。

(安全運転管理者)

第5条 道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「道交法」という。)第74条の3第1項の規定に基づき安全運転管理者を置く。

2 安全運転管理者は、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の10に基づき、庁用自動車の安全運転に関する指導及び監督を行うものとする。

(平21訓令9・一部改正)

(副安全運転管理者)

第6条 道交法第74条の3第4項の規定に基づき副安全運転管理者を置く。

2 副安全運転管理者は、安全運転管理者の業務を補助するものとする。

(平21訓令9・一部改正)

(整備管理者等の選任)

第7条 整備管理者、安全運転管理者、整備管理代務者及び副安全運転管理者は、それぞれ専門の知識を有する職員のうちから適当と認める者を市長が選任するものとする。

(庁用自動車の管理等)

第8条 庁用自動車の保管、運行管理等を行わなければならない者(以下「主管者」という。)は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める者とする。

(1) 共用車 管財課長

(2) 貸出車 区役所において使用されるものにあっては各区役所総務企画課長、その他のものにあっては管財課長

(3) 原動機付自転車(特定の課室がその所管する事務事業の遂行のために長期にわたって使用するもの(以下「専用原付車」という。)を除く。) 各区役所総務企画課長

(4) 専用車、借上車及び専用原付車 これらを使用する課室の長

(平24訓令9・全改、平28訓令11・平29訓令5・一部改正)

(主管者の事務)

第9条 主管者は、次に掲げる事務を処理するものとする。

(1) 運行の許可及び安全運転の指導に関すること。

(2) 運行記録に関すること。

(3) 庁用自動車の保管及びその経費に関すること。

(4) 事故の処理に関すること。

(管財課長の事務)

第10条 管財課長は、庁用自動車に関し、前条に定めるもののほか、次に掲げる事務を処理するものとする。

(1) 車両台帳の記録及び保管に関すること。

(2) 整備及び点検の指導に関すること。

(3) 運行記録の集計に関すること。

(平16訓令6・平24訓令9・平28訓令11・一部改正)

(庁用自動車の使用許可等)

第11条 庁用自動車を使用しようとする者は、主管者の許可を受けなければならない。

2 庁用自動車は、執務時間内でなければ使用することができない。ただし、主管者がやむを得ないと認めたときは、この限りでない。

(平16訓令6・平24訓令9・一部改正)

(運転者の遵守事項等)

第12条 庁用自動車を運転する者は、関係法令に従うほか、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 市の事務又は市が主催し、若しくは共催する事業のために限り運転すること。

(2) 車両の運行前点検を行うこと。

(3) 運転の都度運行の記録を行い、主管者に報告すること。

(4) 運転終了後は、速やかに所定の場所に返却し、走行キロ数及び異常の有無等を主管者に速やかに報告すること。

(5) 自動車の清潔の保持、盗難防止、火災予防等に努めること。

2 主管者(管財課長を除く。)は、前項第3号の規定による報告に基づき当該月分の運行記録を集計した書類を作成し、翌月5日までに管財課長に提出しなければならない。

(平16訓令6・平24訓令9・平28訓令11・一部改正)

(共用車等の使用手続)

第13条 共用車又は貸出車を使用しようとする課室の長は、当該使用しようとする日の執務時間内に、主管者に所定の申込書により申し込まなければならない。ただし、貸出車を長期間使用しようとする場合の手続は、別に定めるものとする。

2 共用車又は貸出車を使用しようとする日が、熊本市の休日及び期限の特例を定める条例(平成元年条例第32号)に定める休日(以下「休日」という。)である場合は、前項に規定する申込みは、当該休日の直前の休日でない日の執務時間内に行われなければならないものとする。

3 主管者は、前2項の申込みを適当と認めたときは当該使用を許可し、その際当該自動車の鍵を引き渡すものとする。

4 前項の許可を受けた課室の長(第6項において「使用者」という。)は、当該自動車及び鍵を善良な管理者の注意をもって管理しなければならない。

5 主管者は、前項の許可の際必要な条件を付することができる。

6 使用者は、自動車の使用を終了したときは、当該終了日の執務時間内に当該自動車及び鍵を返却しなければならない。ただし、執務時間外又は休日に使用が終了したときは、直後に到来する執務時間の開始後直ちに返却するものとする。

7 共用車及び貸出車以外の庁用自動車に係る使用手続については、それぞれ主管者が定めるものとする。

(平16訓令6・平21訓令9・平24訓令9・平29訓令5・一部改正)

(庁用自動車の修理)

第14条 庁用自動車の修理(車検及び点検を含む。以下同じ。)をする必要があるときは、当該庁用自動車の主管者は、必要な修理の内容を詳細に記入した依頼書により管財課長に修理の依頼をしなければならない。ただし、急施を要する場合及び大規模な修理を要する場合は、管財課長が別に指示するところによるものとする。

2 管財課長は、前項の依頼を適当と認めたときは、当該内容に応じて修理業者を選定し、修理の指示を行うものとする。

3 管財課長は、修理に係る明細書を各車両ごとに保管し、必要に応じて閲覧に供するものとする。

(平16訓令6・平28訓令11・一部改正)

(事故時の措置)

第15条 庁用自動車の事故に係る相手方との交渉、賠償額の決定等に係る事務は、当該事故の当事者となった職員が属する課室(以下「事故発生課等」という。)の長が処理する。

2 庁用自動車の運転者は、当該自動車に係る事故が発生したときは、直ちに事故発生課等の長及び管財課長に報告するとともに、事故報告書を作成しなければならない。

3 管財課長は、事故の処理に係る事務全般にわたり、助言及び指導を行うものとする。

(平16訓令6・平28訓令11・平29訓令5・一部改正)

(各課室の協力)

第16条 主管者は、貸出車の洗車及び清掃に関し、各課室の協力を求めることができる。

(平16訓令6・平24訓令9・平29訓令5・一部改正)

(雑則)

第17条 この訓令に定めるもののほか、庁用自動車の管理に関し必要な事項は、別に定める。

(平14訓令16・一部改正)

附 則

この訓令は、平成11年1月1日から施行する。

附 則(平成11年5月31日訓令第13号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成13年3月30日訓令第6号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年9月27日訓令第16号)

この訓令は、令達の日から施行する。

附 則(平成16年3月31日訓令第6号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第9号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日訓令第9号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。ただし、第5条第1項、第6条第1項及び第13条第2項の改正規定は、令達の日から施行する。

附 則(平成24年3月29日訓令第9号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日訓令第11号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日訓令第5号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。ただし、第2条第1号及び第2号の改正規定は、令達の日から施行する。

熊本市庁用自動車の管理に関する訓令

平成10年11月30日 訓令第9号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第2章 財産・契約
沿革情報
平成10年11月30日 訓令第9号
平成11年5月31日 訓令第13号
平成13年3月30日 訓令第6号
平成14年9月27日 訓令第16号
平成16年3月31日 訓令第6号
平成18年3月31日 訓令第9号
平成21年3月31日 訓令第9号
平成24年3月29日 訓令第9号
平成28年3月31日 訓令第11号
平成29年3月29日 訓令第5号