○熊本市農業構造改善施設等設置条例施行規則〔農業政策課〕

平成3年6月24日

規則第86号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊本市農業構造改善施設等設置条例(平成2年条例第88号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平13規則28・一部改正)

(使用手続)

第2条 条例第4条の規定により農業構造改善施設及び農業地域活性化のための施設(以下これらを「施設」という。)を使用しようとする者は、農業構造改善施設等使用許可申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する申請書を審査し、当該申請を適当と認めるときは、農業構造改善施設等使用許可書を当該申請をした者に交付するものとする。

(平12規則39・平13規則28・平23規則69・平29規則43・一部改正)

(使用許可の取消し等)

第3条 市長は、施設の使用の許可(以下「使用許可」という。)を受けた者(以下「使用者」という。)条例第6条第1項の規定に該当すると認めるときは、農業構造改善施設等使用許可取消等通知書を使用者に交付するものとする。

(平23規則69・追加、平29規則43・一部改正)

(使用中止の届出及び使用許可の変更の申請等)

第4条 使用者は、使用開始前に使用を取りやめるときは農業構造改善施設等使用中止届を、使用許可に係る事項を変更しようとするときは農業構造改善施設等使用許可変更申請書を市長に提出しなければならない。

2 前項に規定する中止届は使用開始前に、同項に規定する変更申請書は使用しようとする日の7日前までに提出しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

3 市長は、第1項に規定する変更申請書を審査し、当該申請を適当と認めるときは、農業構造改善施設等使用変更許可書を使用者に交付するものとする。

(平23規則69・追加、平29規則43・一部改正)

(使用料の納付時期)

第5条 使用者は、使用許可の際、使用料の全額を納付しなければならない。ただし、市長が特に認めるときは、この限りでない。

2 前項本文の規定にかかわらず、熊本県・市町村公共施設予約システムを使用して施設の使用の許可を受けた場合にあっては、別に定めるところにより使用料を使用日の属する月の翌月の末日までに納付しなければならない。

(平23規則69・追加)

(使用料の減免)

第6条 条例第8条の規定により施設の使用料の減免を受けようとする者は、農業構造改善施設等使用料減免申請書を市長に提出しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(平13規則28・一部改正、平23規則69・旧第3条繰下・一部改正、平29規則43・一部改正)

(使用料の還付)

第7条 条例第7条第2項ただし書の規定により使用料の還付を受けようとする者は、農業構造改善施設等使用料還付申請書を市長に提出しなければならない。

2 還付を受けられる使用料の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 災害その他不可抗力の事由により施設が使用できないとき 既納使用料の全額

(2) 使用日前7日までに第4条第1項に規定する中止届を提出したとき 既納使用料の全額

(3) 市長が管理上の必要により使用の許可を取り消し、又は使用の停止を命じたとき 既納使用料の全額

(平23規則69・追加、平29規則43・一部改正)

(休館日)

第8条 施設の休館日は、12月29日から翌年1月3日までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(平23規則69・旧第4条繰下)

(供用時間)

第9条 施設の供用時間は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(1) 天明多目的農事研修所 午前8時30分から午後10時まで

(2) 河内農村運動広場 午前6時から日没まで

(平12規則39・平13規則28・平14規則72・一部改正、平23規則69・旧第5条繰下・一部改正、平29規則43・平30規則25・一部改正)

(毀損滅失届)

第10条 使用者は、施設を毀損し、又は滅失したときは、農業構造改善施設等毀損(滅失)届を市長に提出しなければならない。

(平23規則69・追加、平29規則43・一部改正)

(遵守事項)

第11条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で飲食し、喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(2) 施設内で物品を展示し、販売し、又はこれらに類する行為をしないこと。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。

(3) 他人に危害を及ぼし、若しくは迷惑となる物品又は動物類(身体障害者補助犬を除く。)を携帯しないこと。

(4) 施設の職員の指示に従うこと。

(平23規則69・追加)

(書類の様式等)

第12条 この規則の規定により使用する書類に記載すべき事項及びその様式は、市長が別に定めるところによる。

2 前項様式のうち市民等が作成する書類に係るものは、市のホームページへの掲載その他の方法により公表するものとする。

(平29規則43・追加)

(雑則)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平23規則69・旧第6条繰下、平29規則43・旧第12条繰下)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月31日規則第39号)

1 この規則は、平成12年4月1日から施行する。

2 この規則による改正後の第2条の規定は、平成12年4月1日以後の使用許可に係る使用から適用し、同日前の使用許可に係る使用については、なお従前の例による。

附 則(平成13年3月30日規則第28号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年9月26日規則第72号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年9月29日規則第69号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第43号)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日前において、この規則による改正前の熊本市農業構造改善施設等設置条例施行規則の規定に基づき作成された用紙は、当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成30年3月28日規則第25号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

熊本市農業構造改善施設等設置条例施行規則

平成3年6月24日 規則第86号

(平成30年4月1日施行)