○熊本市競輪制裁審議会議事規則〔競輪事務所〕

昭和25年7月11日

規則第17号

第1条 会議の目的、場所及び日時は、会長が定めて委員に通知する。

2 委員の4分の1以上の者から会議に付議すべき事件を示して会議の招集の請求があるときは、会長は、これを開会しなければならない。

第2条 会議は、委員の半数以上出席しなければ開くことができない。ただし、緊急の議決を要するとき又はあらかじめ会議の議決を経たときは、この限りでない。

(平14規則83・一部改正)

第3条 会長は、会議の議長となり議事を整理する。

第4条 議事は、出席委員の過半数をもつて決する。可否同数であるときは、議長の決するところによる。

第5条 会長は、必要と認めたときは、委員以外の者を会議に出席せしめてその説明又は意見を聴くことができる。

第6条 議事要領は、会議の都度議長が作成する。

第7条 この規則で定めるものの外、審議会の運営に必要な事項は、会長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年9月27日規則第83号)

この規則は、公布の日から施行する。

熊本市競輪制裁審議会議事規則

昭和25年7月11日 規則第17号

(平成14年9月27日施行)

体系情報
第8編 済/第2章
沿革情報
昭和25年7月11日 規則第17号
平成14年9月27日 規則第83号