○熊本市共同利用施設条例〔環境政策課〕

昭和54年3月19日

条例第20号

(趣旨)

第1条 この条例は、熊本市共同利用施設の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市は、公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律(昭和42年法律第110号)第6条に規定する共同利用施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

熊本市共同利用施設託麻東部会館

熊本市東区戸島町853番地4

(平23条例62・一部改正)

(使用の許可等)

第4条 施設を使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、施設を使用している者又は使用しようとする者が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、使用を許可せず、又は既にした許可を取り消し、立入りを拒否し、若しくは退去を命ずることができる。

(1) 施設の設置目的に反する使用をし、又はそのおそれがあるとき。

(2) 公の秩序若しくは善良な風俗を害し、又はそのおそれがあるとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) その他市長が管理上支障があると認めるとき。

(平14条例45・平17条例61・一部改正)

(使用料)

第5条 施設の使用料は、無料とする。

(開館時間)

第6条 施設の開館時間は、午前8時から午後10時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(平14条例45・平17条例61・一部改正)

(休館日)

第7条 施設の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更し、臨時に休館日を設けることができる。

(1) 毎月第3月曜日

(2) 年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)

(損害賠償)

第8条 第4条第1項の許可を受けた者は、当該建物又は設備をき損し、若しくは滅失したときは、速やかにこれを原状に回復し、又は市長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。

(平17条例61・一部改正)

(指定管理者による管理)

第9条 市長は、規則で定める基準を満たした地域の団体を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、施設の指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)として指定することができる。

(平17条例61・全改)

(指定管理者の指定の手続)

第10条 前条に規定する団体が同条の規定による指定を受けようとするときは、指定の申請書及び施設の事業計画書その他規則で定める書類を提出し、市長と協議しなければならない。

2 前項の規定による協議に当たっては、市長は、次に掲げる事項について配慮するものとする。

(1) 施設の運営が、住民の平等利用を確保することができること。

(2) その事業計画書の内容が、施設の効用を十分に発揮させるものであること。

(3) その事業計画書に沿った管理を安定して行う能力を有していること。

(4) その他市長が定める事項

3 市長は、第1項の規定による協議が調った場合は、議会の議決を経て当該団体を指定管理者として指定するものとする。

(平17条例61・追加)

(指定管理者が行う管理の基準)

第11条 指定管理者は、この条例に定めるもののほか、法令、この条例に基づく規則その他市長が定めるところに従い、施設の管理を行わなければならない。

(平17条例61・追加)

(指定管理者が行う業務)

第12条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の使用の許可及びその取消しに関する業務

(2) 施設の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の管理運営上市長が必要と認める業務

(平17条例61・追加)

(協定の締結)

第13条 指定管理者は、指定を受けるときは市と施設の管理に関する協定を締結しなければならない。

2 前項の協定に定める事項は、規則で定める。

(平17条例61・追加)

(指定の取消し等に係る損害賠償)

第14条 市長が指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合において指定管理者に損害が生じても、市はその賠償の責めを負わない。

(平17条例61・追加)

(秘密保持義務等)

第15条 指定管理者及び指定管理者の行う事務に従事している者又は従事していた者は、熊本市個人情報保護条例(平成13年条例第43号)第12条の2に規定するところにより個人情報を適切に管理するほか、施設の管理に関し知り得た秘密を漏らしてはならない。

(平17条例61・追加)

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例61・旧第10条繰下・一部改正)

附 則

この条例は、規則で定める日から施行する。

(昭和54年3月30日規則第16号で昭和54年4月1日から施行)

附 則(平成14年9月25日条例第45号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年9月30日条例第61号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行の日から平成18年9月1日(同日前に地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき熊本市共同利用施設託麻東部会館の管理に係る指定をした場合には、当該指定の日)までの間における熊本市共同利用施設託麻東部会館の管理については、なお従前の例による。

附 則(平成23年12月19日条例第62号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

熊本市共同利用施設条例

昭和54年3月19日 条例第20号

(平成24年4月1日施行)