○熊本市九州自然歩道利用拠点施設条例施行規則〔観光政策課〕

平成14年3月29日

規則第30号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊本市九州自然歩道利用拠点施設条例(平成13年条例第52号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開園時間)

第2条 九州自然歩道利用拠点施設(以下「施設」という。)の開園時間は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 1月4日から3月31日まで及び10月1日から12月28日まで 午前8時から午後5時まで

(2) 4月1日から9月30日まで 午前7時から午後6時まで

2 前項の規定にかかわらず、条例第5条による使用の許可を受けた者は、許可及び許可に付した条件の範囲内で開園時間外においても施設を使用することができる。

(平17規則92・一部改正)

(休園日)

第3条 施設の休園日は、12月29日から翌年1月3日までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更し、又は臨時に休園日を設けることができる。

(遵守事項)

第4条 施設に入園する者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 施設、施設の展示資料、樹木等をき損しないこと。

(2) 危険物を持ち込まないこと。

(3) 定められた場所以外での喫煙又は火気の使用をしないこと。

(4) 秩序又は風紀を乱すような行為をしないこと。

(5) 係員の指示に従うこと。

(6) その他市長が管理上必要と認める事項

(使用の許可)

第5条 条例第5条第1項に規定する規則で定める場合は、次のとおりとする。

(1) テント等により芝生広場に宿泊しようとする場合

(2) その他市長が必要と認める場合

(使用許可申請)

第6条 条例第5条の規定により施設を使用しようとする者は、熊本市九州自然歩道利用拠点施設使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書は、使用日の7日前までに市長に提出しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りでない。

(使用許可書)

第7条 市長は、前条第1項の申請書の提出に基づき、施設の使用を許可したときは、熊本市九州自然歩道利用拠点施設使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(地域の団体の基準)

第8条 条例第9条に規定する規則で定める基準は、次のとおりとする。

(1) 施設の存する地域において組織されている町内自治会等の代表者等で構成されていること。

(2) 当該団体の役員として、会長、副会長、会計及び監事を設けていること。

(3) 当該団体の目的、組織、運営等を明らかにした会則、規約その他の書類を有していること。

(4) その他市長が別に定める基準

(平17規則92・追加)

(指定申請書に添付する書類)

第9条 条例第10条第1項に規定する規則で定める書類は、次のとおりとする。

(1) 収支予算書

(2) 当該団体の目的、組織、運営等を明らかにした会則、規約その他の書類

(3) 当該団体の概要及び活動状況を記載した書類

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(平17規則92・追加)

(協定に定める事項)

第10条 条例第13条第2項に規定する協定に定める事項は、次のとおりとする。

(1) 指定期間に関する事項

(2) 管理業務の内容に関する事項

(3) 事業計画に関する事項

(4) 開園時間及び休園日に関する事項

(5) 管理業務及び経理状況の報告等に関する事項

(6) 事業報告書に関する事項

(7) 本市が支払うべき管理に係る費用に関する事項

(8) 指定の取消し及び管理業務の停止に関する事項

(9) 管理業務を行うに当たって保有する個人情報の保護に関する事項

(10) 事故及び損害の賠償に関する事項

(11) その他市長が必要と認める事項

(平17規則92・追加)

(雑則)

第11条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(平17規則92・旧第8条繰下)

附 則

この規則は、平成14年3月31日から施行する。

附 則(平成17年9月30日規則第92号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

熊本市九州自然歩道利用拠点施設条例施行規則

平成14年3月29日 規則第30号

(平成17年9月30日施行)