○熊本市特地勤務手当支給規則〔人事委員会事務局〕

平成18年3月29日

人委規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊本市一般職の職員の給与に関する条例(昭和26年条例第5号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、特地勤務手当の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(平29人委規則7・一部改正)

(特地公署)

第2条 条例第18条第1項に規定する人事委員会規則で定める公署は、次に掲げる公署とする。

(1) 河内まちづくりセンター芳野分室

(2) 金峰山少年自然の家

(平21人委規則7・平24人委規則11・平29人委規則7・一部改正)

(特地勤務手当と地域手当との調整)

第3条 条例第11条の規定により地域手当が支給される職員は、同条の規定による地域手当の額の限度において、特地勤務手当は支給しない。

(平19人委規則26・一部改正)

(端数計算)

第4条 条例第18条第2項の規定による特地勤務手当の月額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額をもって当該特地勤務手当の月額とする。

(平29人委規則7・一部改正)

(雑則)

第5条 この規則の施行に関し必要な事項は、人事委員会が定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月27日人委規則第26号)

この規則は、平成20年4月2日から施行する。

附 則(平成21年3月30日人委規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月23日人委規則第11号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日人委規則第7号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

熊本市特地勤務手当支給規則

平成18年3月29日 人事委員会規則第6号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 給料・諸手当
沿革情報
平成18年3月29日 人事委員会規則第6号
平成19年12月27日 人事委員会規則第26号
平成21年3月30日 人事委員会規則第7号
平成24年3月23日 人事委員会規則第11号
平成29年3月30日 人事委員会規則第7号