○熊本市上下水道局公用自動車等管理規程〔上下水道局総務課〕

平成18年3月30日

水道局規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、公用自動車及び公用原動機付自転車を適正かつ効率的に管理するために必要な事項を定めるものとする。

(平21上下水規程30・平24上下水規程18・一部改正)

(用語の定義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 公用自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)第2条第2項に規定する自動車で、上下水道局(以下「局」という。)の事業のために使用するものをいう。

(2) 公用原動機付自転車 法第2条第3項に規定する原動機付自転車で、局の事業のために使用するものをいう。

(3) 公用自動車等 公用自動車又は公用原動機付自転車をいう。

(4) 課長等 公用自動車等の配置を受けた課又は室(以下「課等」という。)の長をいう。

(5) 保管場所 自動車の保管場所の確保等に関する法律(昭和37年法律第145号)第2条第3号に規定する保管場所をいう。

(平19水規程10・平21上下水規程30・平24上下水規程18・平29上下水規程6・一部改正)

(配置)

第3条 公用自動車及び公用原動機付自転車の配置は、総務課長が行う。

(平24上下水規程18・全改)

(運行管理)

第4条 課長等は、配置を受けた公用自動車等の適正な運行の管理を行わなければならない。

(平24上下水規程18・一部改正)

(総合調整)

第5条 総務課長は、公用自動車等の効率的運営を図るため必要があると認めるときは、課長等に対し、報告又は必要な措置を求めることができる。

(平24上下水規程18・一部改正)

(配車責任者)

第6条 公用自動車等の配置を受けた課等に配車責任者を置く。

2 配車責任者は、課長等が指名し、公用自動車等の運行及び使用の調整に関する事務を行うものとする。

3 課長等は、配車責任者を定めたときは、直ちにその職及び氏名を総務課長に報告しなければならない。

(平24上下水規程18・一部改正)

(使用手続)

第7条 公用自動車等を使用しようとする者は、公用自動車等使用申込書により、配車責任者を経由して課長等に申し込まなければならない。

2 課長等が前項の規定による申込みを適当と認めたときは、配車責任者は、使用させる公用自動車等を指定して、当該申込みをした者に当該公用自動車等の鍵を貸与するものとする。

3 公用自動車等を使用しようとする者は、次の各号のいずれかに該当するときは、第1項の規定にかかわらず、同項の規定による申込みを行うことなく、配車責任者が指定した公用自動車等の鍵の貸与を受けることができる。

(1) 急を要するため、第1項の規定による申込みを行うことができないとき。

(2) 業務上、常時公用自動車等を必要とすると課長等が認めるとき。

(平24上下水規程18・全改)

(運行前点検)

第8条 運転者は、運行開始前に必ず公用自動車等の点検を実施し、その結果を日常点検及び運転日報(以下「日報」という。)に記入しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第9条繰上・一部改正)

(鍵の返却)

第9条 運転者は、業務終了後速やかに配車責任者に公用自動車等の鍵を返却するものとする。ただし、第7条第3項第2号に該当し、同条第1項の規定による申込みを行うことなく公用自動車等の鍵の貸与を受けた場合にあっては、業務上、常時公用自動車等を必要としなくなったときに返却するものとする。

(平24上下水規程18・旧第10条繰上・一部改正)

(運転者の義務)

第10条 運転者は、常に公用自動車等の車体等の清掃に努めるとともに、盗難を防止し、及び火災を予防するため充分注意を払わなければならない。

2 運転者が前項に規定する義務を怠ったときは、課長等は、責任を持ってこれを行わせるものとする。

(平24上下水規程18・旧第11条繰上・一部改正)

(給油)

第11条 運転者は、公用自動車等への給油を要するときは、配車責任者に給油券を請求し、当該給油券により給油するものとする。

2 運転者は、公用自動車等の給油の状況を日報に記入しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第12条繰上・一部改正)

(運行状況の記録)

第12条 運転者は、毎日の公用自動車等の運行状況を日報に記録し、業務終了後速やかに配車責任者に返却しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第13条繰上・一部改正)

(運行状況の確認)

第13条 配車責任者は、毎日の公用自動車等の運行状況を日報により確認し、月ごとに取りまとめ、翌月の10日までに総務課長に提出しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第14条繰上・一部改正)

(相互使用)

第14条 公用自動車等の効率的運用を図るため、課長等は、相互間で公用自動車等の使用の便宜を図らなければならない。

(平24上下水規程18・旧第15条繰上・一部改正)

(使用の制限)

第15条 課長等は、公用自動車等の使用に当たり、遠距離のため他の交通機関を利用することが適当と認めるときその他公用自動車等の効率的運用を阻害する恐れがあると認めるときは、その使用を制限しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第16条繰上・一部改正)

(保管場所)

第16条 課長等は、公用自動車等を所定の保管場所に格納し、注意をもって保管しなければならない。

2 課長等は、保管場所を定め、又は変更したときは、総務課長に報告しなければならない。

3 課長等は、業務等の都合により公用自動車等を所定の保管場所に保管することが適当でないと認めるときは、第1項の規定にかかわらず、あらかじめ保管場所及び運行経路を指定の上、公用自動車等を所定の保管場所以外の保管場所に保管させることができる。

(平24上下水規程18・旧第17条繰上・一部改正)

(異常の報告)

第17条 運転者は、公用自動車等に異常を発見したときは、直ちに課長等及び総務課長に報告し、その指示を受けなければならない。

(平24上下水規程18・旧第18条繰上・一部改正)

(修繕手続)

第18条 運転者は、公用自動車等の修繕が必要と判断したときは、課長等に届けなければならない。

2 課長等は、前項の規定による届出を受けたときは、日報に記載して、総務課長に提出し、その指示を受けなければならない。ただし、急を要するときは、この限りでない。

(平24上下水規程18・旧第19条繰上・一部改正)

(台帳)

第19条 総務課長は、公用自動車等に関する台帳を作成し、公用自動車等全般について必要な事項を記載し、記載事項に変動が生じたときは、その都度訂正しなければならない。

(平24上下水規程18・旧第20条繰上・一部改正)

(事故の報告等)

第20条 運転者は、公用自動車等に係る事故(以下「事故」という。)が発生したときは、直ちに所属する課等の長(以下「所属長」という。)及び総務課長に報告し、その指示を受けなければならない。

2 前項の規定による報告を受けたときは、所属長は、速やかに事実を調査し、交通事故報告書及び事故始末書(以下「交通事故報告書等」という。)を作成の上、総務課長に提出しなければならない。

3 前項の規定による交通事故報告書等の提出を受けた場合において、事故が重大なものであると認めるときは、総務課長は、当該交通事故報告書等をもって上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)に報告しなければならない。

(平24上下水規程18・追加)

(雑則)

第21条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

(平24上下水規程18・旧第23条繰上・一部改正)

附 則

1 この規程は、平成18年4月1日から施行する。

2 熊本市水道局車両集中管理規程(平成11年水道局規程第16号)は、廃止する。

附 則(平成19年5月15日水道局規程第10号)

この規程は、公布の日から施行し、この規程による改正後の熊本市水道局公用自動車等管理規程の規定は、平成18年10月1日から適用する。

附 則(平成21年4月1日上下水道局規程第30号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月30日上下水道局規程第18号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日上下水道局規程第6号)

(施行期日)

1 この規程は、平成29年4月1日から施行する。

熊本市上下水道局公用自動車等管理規程

平成18年3月30日 水道局規程第1号

(平成29年4月1日施行)