○熊本市職員の倫理の保持に関する条例施行規則〔コンプライアンス推進室〕

平成20年3月31日

規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊本市職員の倫理の保持に関する条例(平成20年条例第8号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(審議会の委員)

第2条 条例第7条第1項の熊本市職員倫理審議会(以下「審議会」という。)は、委員5人以内をもって組織する。

2 審議会の委員(以下「委員」という。)は、職員倫理(条例第1条の職員倫理をいう。以下同じ。)の保持に関し公正な判断をすることができ、法律又は社会に関する識見を有する者のうちから、市長が委嘱する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員は、再任されることができる。

5 委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(令元規則41・旧第3条繰上)

(審議会の会長)

第3条 審議会に会長を置く。

2 会長は、委員の互選によって定める。

3 会長は、審議会を代表し、会務を総理する。

4 会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長の指名する委員がその職務を代理する。

(令元規則41・旧第4条繰上)

(審議会の会議)

第4条 審議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、その議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の者の出席がなければ、これを開くことができない。

3 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(令元規則41・旧第5条繰上)

(審議会の庶務)

第5条 審議会の庶務は、総務局行政管理部総務課において処理する。

(平24規則94・平28規則50・一部改正、令元規則41・旧第6条繰上)

(倫理監理者)

第6条 条例第9条第2項の職員倫理を監理する職員(以下「倫理監理者」という。)は、次に掲げる職にある者(当該職にある者が2人以上いる場合にあっては、任命権者が指定した1人とする。)をもって充てる。

(1) 熊本市事務分掌条例(昭和46年条例第36号)第1条に規定する組織(局に限る。)に設ける部の部長

(2) 各区役所に設ける部の部長

(3) 会計総室長(会計管理者が会計総室長を兼ねる場合にあっては、会計総室副室長)

(4) 消防局に設ける部の部長

(5) 上下水道局に設ける部の部長

(6) 交通局次長

(7) 病院局事務局長

(8) 教育委員会事務局に設ける部の部長

(9) 熊本市選挙管理委員会事務局副事務局長

(10) 人事委員会事務局副事務局長

(11) 監査事務局副事務局長

(12) 農業委員会事務局副事務局長

(13) 議会局次長

2 倫理監理者は、条例及び職員倫理規則(条例第6条第1項の職員倫理規則をいう。以下同じ。)に定める事項の実施に関し、次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 職員からの相談に応じ、必要な指導及び助言を行うこと。

(2) 職員が特定の者と市民の疑惑や不信を招くような関係を持つことがないかどうかの確認に努め、その結果に基づき、職員倫理の保持に関し必要な指導及び助言を行うこと。

(3) 違反行為(条例第8条第1項の違反行為をいう。)があった場合又はこれに至るおそれのある場合に、その旨を任命権者に報告すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、職員倫理規則に定める事項の実施に関すること。

(平20規則48・平20規則105・平21規則22・平22規則3・平24規則94・平24規則139・平27規則55・平28規則50・平30規則40・一部改正、令元規則41・旧第7条繰上、令3規則6・一部改正)

(職場倫理指導員)

第7条 倫理監理者を補佐するため、それぞれの課、室等の組織(市長が定める組織を除く。以下「各所属」という。)ごとに職場倫理指導員を置く。

2 職場倫理指導員は、各所属の長が選任する課長補佐(課長補佐を置かない各所属にあっては、主幹、主査又はこれらに相当する職にある者)1人をもって充てるものとする。ただし、各所属の長が必要であると認めるときは、2人以上を選任することができる。

(平26規則48・平29規則13・一部改正、令元規則41・旧第8条繰上)

(雑則)

第8条 この規則で定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。ただし、審議会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

(令元規則41・旧第9条繰上)

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年5月23日規則第48号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年10月6日規則第105号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第22号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月19日規則第3号)

この規則は、平成22年3月23日から施行する。

附 則(平成24年3月29日規則第94号)

この規則中第1条の規定は平成24年3月30日から、第2条の規定は同年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月27日規則第139号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月31日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年4月14日規則第55号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第50号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日規則第13号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規則第40号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(令和元年12月26日規則第41号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月22日規則第6号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

熊本市職員の倫理の保持に関する条例施行規則

平成20年3月31日 規則第17号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第2章 服務・研修
沿革情報
平成20年3月31日 規則第17号
平成20年5月23日 規則第48号
平成20年10月6日 規則第105号
平成21年3月31日 規則第22号
平成22年3月19日 規則第3号
平成24年3月29日 規則第94号
平成24年4月27日 規則第139号
平成26年3月31日 規則第48号
平成27年4月14日 規則第55号
平成28年3月31日 規則第50号
平成29年3月29日 規則第13号
平成30年3月30日 規則第40号
令和元年12月26日 規則第41号
令和3年3月22日 規則第6号