○熊本市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例施行規程〔上下水道局給排水設備課〕

平成21年4月1日

上下水道局規程第38号

(徴収区域内の土地の面積)

第2条 条例第4条第1項に規定する土地の面積は、公簿に記載された地積によるものとする。ただし、これにより難いとき、又は上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)が必要と認めたときは、実測によることができる。

(平25上下水規程24・旧第3条繰上・一部改正)

(繰上徴収)

第3条 条例第9条の管理者が別に定める場合は、次のとおりとする。

(1) 強制執行が開始されたとき。

(2) 担保権の実行としての競売が開始されたとき。

(3) 企業担保権の実行手続が開始されたとき。

(4) 破産手続が開始されたとき。

(5) 受益者(条例第2条第2号に規定する受益者をいう。以下同じ。)が死亡した場合において、その相続人が限定承認をしたとき。

(6) 受益者である法人が解散したとき。

(7) 詐欺その他不正の行為により分担金(条例第1条に規定する分担金をいう。以下同じ。)を免れ、若しくは免れようとし、又は分担金の還付を受け、若しくは受けようとしたと認められるとき。

(8) 分担金の納付が滞ったとき。

(平25上下水規程24・旧第8条繰上・一部改正、平25上下水規程27・旧第5条繰上・一部改正)

(熊本都市計画下水道事業受益者負担に関する条例施行規程の準用)

第4条 分担金に係る事項に関する処分、手続及び様式については、法令及びこの規程に定めるもののほか、熊本都市計画下水道事業受益者負担に関する条例施行規程(平成21年上下水道局規程第37号)の例による。

(平25上下水規程24・旧第12条繰上・一部改正、平25上下水規程27・旧第6条繰上)

(雑則)

第5条 この規程に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

(平25上下水規程24・旧第13条繰上、平25上下水規程27・旧第7条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日前に熊本市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例施行規則(平成17年規則第41号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされたものとみなす。

(平25上下水規程24・一部改正)

(下益城郡城南町及び鹿本郡植木町の編入に伴う経過措置)

3 条例附則第3項ただし書に規定する管理者が別に定めるものは、下益城郡城南町及び鹿本郡植木町の編入の日(以下「2町編入日」という。)前に旧城南町公共下水道事業分担金徴収条例(平成18年条例第18号)又は旧植木町都市計画下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例(平成20年条例第38号)に基づき賦課された分担金の徴収に係る事項のうち、次に掲げるものとする。

(1) 平成22年度以後の納期

(2) 旧城南町公共下水道事業分担金徴収条例施行規則(平成19年城南町規則第32号)の規定に基づく減免理由の消滅の届出

(平22上下水規程10・追加、平25上下水規程27・一部改正)

附 則(平成22年3月19日上下水道局規程第10号)

この規程は、平成22年3月23日から施行する。ただし、第4条第4項の改正規定は、同年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月1日上下水道局規程第24号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年10月4日上下水道局規程第27号)

この規程は、公布の日から施行する。

熊本市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例施行規程

平成21年4月1日 上下水道局規程第38号

(平成25年10月4日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第2章 上下水道事業
沿革情報
平成21年4月1日 上下水道局規程第38号
平成22年3月19日 上下水道局規程第10号
平成25年8月1日 上下水道局規程第24号
平成25年10月4日 上下水道局規程第27号