○平成23年改正条例附則第3項及び第7項から第9項までの規定による職務の級及び給料の切替えに関する規則〔人事委員会事務局〕

平成23年3月31日

人委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊本市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(平成23年条例第8号)附則第3項及び第7項から第9項までの規定による職務の級及び給料の切替えに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 改正条例 熊本市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(平成23年条例第8号)をいう。

(2) 改正前の条例 改正条例による改正前の熊本市一般職の職員の給与に関する条例(昭和26年条例第5号)をいう。

(3) 削除

(5) 切替日 平成23年4月1日をいう。

(6) 初任給基準異動 熊本市職員の初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則の一部を改正する規則(平成23年人委規則第5号)による改正後の別表第3に定める初任給基準表において、給料表の適用を異にせず異なる初任給の定めがある他の職種に属する職務への異動をいう。

(7) 旧級 切替日の前日においてその者が属していた職務の級(改正条例附則第3項の規定により切替日における職務の級を定められた職員にあっては、切替日の前日においてその者が属していた職務の級に対応する同項に定める職務の級)をいう。

(8) 新級 切替日において新たに切り替えられた職務の級をいう。

(9) 降格 職員の職務の級を同一の給料表の下位の職務の級に変更することをいう。

(10) 人事交流等職員 切替日以降に、給料表の適用を受けない国家公務員、地方公務員、企業職員(熊本市上下水道事業企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(昭和41年条例第50号)熊本市交通事業企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(昭和28年条例第19号)及び熊本市病院事業企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(平成20年条例第116号)の適用を受ける職員をいう。)又は業務職員(熊本市業務職員の給与の種類及び基準を定める条例(平成19年条例第11号)の適用を受ける職員をいう。)から人事交流等により引き続き新たに給料表の適用を受ける職員となった者をいう。

(平27人委規則12・一部改正)

(改正条例附則第3項の人事委員会が定める職務の級の切替え)

第3条 改正条例附則第3項の人事委員会が定める職務の級の切替えは、次表の旧級及び切替日の前日における職等又は階級等の区分に応じ、それぞれ新級欄に定めるとおりとする。

(1) 切替日の前日に行政職員給料表の適用を受けていた職員

旧級

切替日の前日における職等

新級

2級

在職年数が3年(中級職で採用された者にあっては5年6月、初級職で採用された者にあっては8年)未満である者で、切替日の前日において初任給規則第17条の規定に準じて算定した号給が改正前の条例別表第1の1級1号給から1級47号給までの間にあるもの

1級

在職年数が3年(中級職で採用された者にあっては5年6月、初級職で採用された者にあっては8年)以上である者又は切替日の前日において初任給規則第17条の規定に準じて算定した号給が改正前の条例別表第1の1級48号給から1級73号給までの間にある者で在職年数が1年を経過したもの

2級

3級

主事、技師の職又はこれに相当する職の者

2級

主任主事、主任技師の職又はこれに相当する職の者

3級

係長の職又はこれに相当する職の者

4級

4級

主事、技師の職又はこれに相当する職の者

2級

主任主事、主任技師の職又はこれに相当する職の者

3級

係長の職又はこれに相当する職の者

4級

5級

主任主事、主任技師の職又はこれに相当する職の者

3級

係長の職又はこれに相当する職の者

4級

課長補佐の職又はこれに相当する職の者

5級

6級

課長の職又はこれに相当する職にある者で、次項に該当しないもの

6級

課長の職又はこれに相当する職にある者で、その在級年数が5年を経過し、かつ、勤務成績が一定の水準以上にあると任命権者が認めるもの

7級

(2) 切替日の前日に消防職員給料表の適用を受けていた職員

旧級

切替日の前日における階級等

新級

2級

消防士である者

1級

消防副士長である者

2級

3級

消防士長又は消防副士長である者で、初級職で採用されて、12年を経過しないもの

2級

消防士長又は消防副士長である者で、初級職で採用されて12年を経過したもの又は上級職で採用されたもの

3級

消防司令補である者

4級

4級

消防士長である者

3級

消防司令補である者

4級

5級

消防士長である者

3級

消防司令補である者

4級

消防司令である者

5級

6級

消防司令長である者で、次項に該当しないもの

6級

消防司令長である者で、その在級年数が5年を経過し、かつ、勤務成績が一定の水準以上にあると任命権者が認めるもの

7級

(人事交流等職員の職務の級の切替え)

第4条 切替日に人事交流等職員となった者の職務の級の切替えについては前条の規定に準じて切り替えるものとする。

(改正条例附則第7項の人事委員会で定める職員)

第5条 改正条例附則第7項の人事委員会で定める職員は、次に掲げる職員とする。

(1) 切替日以降に初任給基準異動をした職員

(2) 切替日以降に基準級より下位の職務の級に降格をした職員

(3) 切替日以降に人事委員会の承認を得てその号給を決定された職員

(4) 切替日以降に平成18年改正条例(平成18年条例第4号)附則第8項及び熊本市立高等学校等の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(平成18年条例第17号)附則第6項又は平成19年改正条例(平成19年条例第4号)附則第6項又は平成20年改正条例(平成20年条例第48号)附則第3項又は平成22年改正条例(平成22年条例第7号)附則第9項及び熊本市立高等学校等の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(平成22年条例第37号)附則第8項の規定による給料を支給される職員でなくなった職員

第6条及び第7条 削除

(平27人委規則12)

(この規則により難い場合の措置)

第8条 改正条例附則第3項及び第7項から第9項までの規定による職務の級の切替え及び給料の支給について、この規則の規定による場合には部内の他の職員との均衡を著しく失すると認められるときその他の特別な事情があるときは、人事委員会の承認を得て、別段の取扱いをすることができる。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日人委規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

平成23年改正条例附則第3項及び第7項から第9項までの規定による職務の級及び給料の切替え…

平成23年3月31日 人事委員会規則第1号

(平成29年4月1日施行)