○熊本市無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準を定める条例〔保護管理援護課〕

令和2年3月24日

条例第17号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会福祉法(昭和26年法律第45号。以下「法」という。)第68条の5第1項の規定に基づき、法第2条第3項第8号に規定する生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業を行う施設(以下「無料低額宿泊所」という。)の設備及び運営に関する基準を定めるものとする。

(無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準)

第2条 次条に定めるもののほか、法第68条の5第1項の規定により条例で定める無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準は、無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準(令和元年厚生労働省令第34号。以下「省令」という。)に定める基準(省令の改正に際し定められた経過措置に規定する基準を含む。)とする。

(暴力団員等の排除)

第3条 無料低額宿泊所の設置者及び管理者は、熊本市暴力団排除条例(平成23年条例第94号)第2条第1号から第3号までに掲げる者であってはならない。

附 則

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

熊本市無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準を定める条例

令和2年3月24日 条例第17号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第2節 生活保護
沿革情報
令和2年3月24日 条例第17号