○熊本市上下水道事業会計年度任用業務職員の給与に関する規程〔上下水道局総務課〕

令和2年3月23日

上下水道局規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、熊本市上下水道企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(昭和41年条例第50号。以下「給与条例」という。)第18条に基づき、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第22条の2第1項の会計年度任用職員である業務職員(以下「会計年度任用業務職員」という。)の給与の取扱い及び支給に関し、必要な事項を定めるものとする。

(会計年度任用業務職員の給料表)

第2条 会計年度任用業務職員に適用する給料表は、別表第1のとおりとする。

(会計年度任用業務職員となった者の号給)

第3条 会計年度任用業務職員となった者の号給は、別表第2によるほか、熊本市上下水道事業会計年度任用職員の給与に関する規程(令和2年上下水道局規程第1号。以下「会計年度任用職員給与規程」という。)の適用を受ける職員の例による。

2 別表第2に掲げる各職務区分の基準となるべき職務の内容は、別表第3のとおりとする。

(パートタイム会計年度任用業務職員の給料月額)

第4条 法第22条の2第1項第1号に掲げる職員である会計年度任用業務職員(以下「パートタイム会計年度任用業務職員」という。)であって、月額で給料を定めるものの給料月額は、前2条の規定にかかわらず、これらの規定による給料月額に、当該パートタイム会計年度任用業務職員について定められた1週間当たりの勤務時間を熊本市上下水道局就業規程(昭和35年水道局規程第1号)第18条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

(その他)

第5条 この規程に定めるもののほか、会計年度任用業務職員の手当の額、会計年度任用業務職員に対する給与の支給方法その他会計年度任用業務職員の給与の支給に関し必要な事項については、会計年度任用職員給与規程の適用を受ける者の例による。

附 則

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

会計年度任用業務職員給料表

号給

給料月額

1

133,100

2

134,100

3

135,100

4

136,100

5

137,100

6

138,100

7

139,100

8

140,100

9

141,100

10

142,100

11

143,100

12

144,100

13

145,100

14

146,100

15

147,100

16

148,100

17

149,100

18

150,300

19

151,500

20

152,700

21

153,900

22

155,100

23

156,300

24

157,500

25

158,600

26

160,100

27

161,600

28

163,100

29

164,600

別表第2(第3条関係)

初任給基準表

職種区分

職務区分

基礎号給

上限

会計年度任用業務職

A

17

29

B

9

21

C

1

13

備考 職務区分は、職務の専門性、困難性等を総合的に勘案し、上下水道事業管理者が定める。

別表第3(第3条関係)

職務基準表

職務区分

基準となる職務

A

屋外における作業を主とする職務又は屋内における作業のうち危険な作業若しくは一定の身体的負担が伴う作業を主とする職務

B

屋内における作業を主とする職務

C

屋内における作業のうち簡易な作業を主とする職務

熊本市上下水道事業会計年度任用業務職員の給与に関する規程

令和2年3月23日 上下水道局規程第2号

(令和2年4月1日施行)