○熊本市再任用短時間勤務職員等の給料月額の端数計算に関する規則〔人事委員会事務局〕

令和2年3月24日

人委規則第6号

熊本市再任用短時間勤務職員の給料月額及び育児短時間勤務職員等の給料の月額の端数計算に関する規則(平成22年人委規則第2号)の全部を改正する。

次の各号に掲げる職員について、当該各号に定める規定による給料月額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額をもって当該職員の給料月額とする。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用された職員で同法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占めるもの 熊本市一般職の職員の給与に関する条例(昭和26年条例第5号。以下「一般職給与条例」という。)第3条の2又は熊本市立学校の教育職員の給与に関する条例(昭和29年条例第18号。以下「教育職給与条例」という。)第4条の2

(2) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号。以下「育児休業法」という。)第11条第1項に規定する育児短時間勤務職員及び育児休業法第17条の規定による短時間勤務をしている職員 熊本市職員の育児休業等に関する条例(平成4年条例第3号。以下「育児休業条例」という。)第15条(育児休業条例第19条において準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用される一般職給与条例第3条第4項若しくは第4条第1項第2項若しくは第4項又は育児休業条例第16条(育児休業条例第19条において準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用される教育職給与条例第4条第4項若しくは第5条第1項第2項若しくは第4項

(3) 育児休業法第18条第1項の規定により採用された同項に規定する短時間勤務職員 育児休業条例第22条の2の規定により読み替えて適用される一般職給与条例第4条第1項第2項若しくは第4項又は育児休業条例第22条の3の規定により読み替えて適用される教育職給与条例第5条第1項第2項若しくは第4項

附 則

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

熊本市再任用短時間勤務職員等の給料月額の端数計算に関する規則

令和2年3月24日 人事委員会規則第6号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 給料・諸手当
沿革情報
令和2年3月24日 人事委員会規則第6号