○黒部市公平委員会規則

平成18年5月10日

黒部市公平委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)に定めるもののほか、黒部市公平委員会(以下「公平委員会」という。)の議事及び処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員長の選挙)

第2条 委員長の選挙は、無記名投票で行い、最多数を得た者を当選者とする。ただし、全委員に異議がないときは、互選によることを妨げない。

(委員長の任期)

第3条 委員長の任期は、委員の任期による。

2 委員長がその職を辞したときは、その日から10日以内に選挙を行わなければならない。

(委員会の招集)

第4条 公平委員会は、委員長が必要と認めるとき、又は委員の請求があったときに、委員長が招集する。

2 公平委員会招集の通知は、委員に対する通知により行い、当該通知には、公平委員会招集の日時、場所及び議題を附記しなければならない。

(会議の公開)

第5条 会議は、委員の過半数の同意によって公開することができる。

(議事録)

第6条 委員長は、事務職員をして議事録を調製する。

2 議事録は、公平委員会の承認を経て確定する。

(委員会の開閉等)

第7条 この規則に定めるもののほか、公平委員会の開閉、議案の審査、議決等委員会の議事に関しては、市議会の会議の例による。

(委員長の担任事務)

第8条 委員長の担任する事務の概目は、次のとおりとする。

(1) 公平委員会の議決を執行すること。

(2) 公平委員会に令達された予算の経理に関すること。

(3) 公印及び書類の保管に関すること。

(4) 事務局長、事務職員その他の職員の任免、給与、服務等に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、公平委員会の庶務に関すること。

(事務局長)

第9条 委員長は、事務職員のうちから事務局長を任命する。

2 事務局長は、委員長の命を受けて、事務職員を指揮して公平委員会に関する処務を掌理する。

(事務職員)

第10条 事務職員は、上司の命を受けて、公平委員会に関する事務に従事する。

(文書類の交付)

第11条 文書類は、委員長の承認を得ないで他に示し、又はその謄本を与えることができない。

(服務)

第12条 この規則に定めるもののほか、事務職員の服務及び事務の処理に関しては、市職員の例による。

(文書の処理)

第13条 公平委員会の文書の処理に関しては、市の文書の処理の例による。

(通知の方法)

第14条 公平委員会及び委員長の告示は、黒部市公告式条例(平成18年黒部市条例第3号)を準用する。

(公印)

第15条 公平委員会及び委員長の公印は、別表のとおりとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第15条関係)

画像

画像

黒部市公平委員会規則

平成18年5月10日 公平委員会規則第1号

(平成18年5月10日施行)