○黒部市行政事務改善に関する規程

平成18年3月31日

黒部市訓令第7号

本庁

出先機関

(目的)

第1条 この訓令は、市の行政運営の管理改善を行うことによって、行政の能率化を図ることを目的とする。

(部、室、課等の長の職務)

第2条 黒部市行政組織規則(平成18年黒部市規則第4号)に規定する部、課及び出先機関の長(以下「部課長等」という。)は、その所掌に係る行政事務の管理執行の状況を把握し、常にその改善に努めなければならない。

(平23訓令1・平24訓令2・平27訓令7・一部改正)

(行政事務改善委員会)

第3条 行政運営の管理改善について必要な調査研究及び計画の策定をするため、黒部市行政事務改善委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第4条 委員会は、次の事務を所掌する。

(1) 市民サービスの向上に関すること。

(2) 事務処理方法の改善に関すること。

(3) 事務の機械化及び能率化に関すること。

(4) 提案事項の審査に関すること。

(5) 経費その他物品の効率的使用に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、事務改善に必要な事項に関すること。

(組織)

第5条 委員会は、会長、副会長及び委員若干人で組織する。

2 会長は副市長、副会長は総務企画部長をもって充てる。

3 委員は、市職員のうちから市長が任命する。ただし、必要があると認めるときは、会長は、臨時に委員を命ずることができる。

(平19訓令2・一部改正)

(会長の職務及び職務代理)

第6条 会長は、会務を総理する。

2 会長に事故があるときは、副会長がその職務を代理する。

(会議)

第7条 委員会の会議は、必要に応じて臨時に又は過半数の委員から要求がある場合に会長が招集する。

(参与)

第8条 委員会に参与を置く。

2 参与には、部課長等を充て、随時に委員会に出席して意見を述べることができる。

(平18訓令58・一部改正)

(委員でない者の出席)

第9条 会長が必要と認めるときは、委員でない者を出席させ、意見を述べさせることができる。

(報告)

第10条 委員会の決定事項は、市長に報告しなければならない。

(提案制度)

第11条 職員は、行政運営の管理改善に関する提案をすることができる。

2 前項の提案は、職員が単独又は共同で行うものとする。

(提案の種類)

第12条 提案は、一般提案及び課題提案の2種類とする。

2 一般提案は行政の運営の合理化に関するものについて、課題提案は副市長が提示する課題について、それぞれ行うものとする。

(平19訓令2・一部改正)

(提案の手続)

第13条 提案は、次の事項を記載した提案書を作成し、必要があるときは、参考資料を添えて総務企画部総務課長(以下「総務課長」という。)に提出して行うものとする。

(1) 提案者の所属、職名及び氏名

(2) 現状と問題点及び改善の方法とその効果

(提案の審査及び採否の決定)

第14条 提案は、委員会の審査に基づいて、市長が採否を決定する。

2 総務課長は、前項の規定により採否が決定されたときは、速やかに当該決定の内容を提案者に通知しなければならない。

(提案の実施)

第15条 副市長は、採用された提案の実施について、必要な事項を主管部課長へ通知しなければならない。

2 前項の通知を受けた主管部課長は、その提案の実施について必要な措置を講じなければならない。

(平19訓令2・一部改正)

(庶務)

第16条 委員会の庶務は、総務企画部総務課において行う。

(その他)

第17条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年3月31日から施行する。

附 則(平成18年5月9日訓令第58号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成19年3月28日訓令第2号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日訓令第1号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日訓令第2号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日訓令第7号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

黒部市行政事務改善に関する規程

平成18年3月31日 訓令第7号

(平成27年4月1日施行)