○黒部市職員の時間外勤務に関する規程

平成18年3月31日

黒部市訓令第23号

本庁

出先機関

(趣旨)

第1条 職員の時間外勤務又は休日勤務(以下「時間外勤務」という。)については、別に定めるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(時間外勤務)

第2条 時間外勤務は、公務のため正規の勤務時間内において処理し得ない真にやむを得ない場合に限り命令するものとする。

2 前項の命令権者は、黒部市事務専決規程(平成18年黒部市訓令第2号)第4条の規定により課長とする。ただし、他団体への派遣職員については、その団体の管理者を命令権者とする。

(時間外勤務の基準)

第3条 命令権者は、時間外勤務について計画し、又は命令する場合は、次に掲げる基準によらなければならない。

(1) 公務の遂行のための必要最小限の人員及び時間であること。

(2) 同一職員が同一月内において、通常、月30時間以内であること。

(3) 週休日又は休日に勤務を命じた場合には、同一週内の事務に支障のない日を代休とし、振替休日として命令すること。ただし、やむを得ないと認められる場合には、前4週後8週の範囲で振替できる。

(時間外勤務の命令)

第4条 命令権者は、職員に時間外勤務を命令する場合には、前条の時間外勤務の基準の範囲内で命令しなければならない。

2 前項の命令は、事前に黒部市職員の給与に関する規則(平成18年黒部市規則第22号)第30条に規定する時間外勤務命令簿及び休日勤務命令簿に、その従事する仕事の内容と勤務命令時間等を記入して行わなければならない。

(基準を超える時間外勤務命令の承認)

第5条 命令権者は、事務の遂行上必要があると認めるときは、月60時間以下の範囲内において、第3条第2号に定める基準を超えて時間外勤務を命令することができる。この場合において、命令権者は、基準を超える時間外勤務命令承認伺(月60時間以内)(様式第1号)によりあらかじめ市長の承認を得なければならない。

2 命令権者は、前項の承認を得た場合であって、かつ、事務の遂行上特に必要があると認めるときは、月60時間を超えて時間外勤務を命令することができる。この場合において、命令権者は、月60時間を超える時間外勤務命令承認伺(様式第2号)によりあらかじめ市長の承認を得なければならない。

(平29訓令8・全改)

(時間外勤務の管理)

第6条 命令権者は、所属職員の健康状態及び過去の時間外勤務の状況を把握し、職員の健康等を損なうことのないよう努めなければならない。

2 総務管理部総務課長は、必要に応じて職員の時間外勤務の状況及び命令の適否等について調査を行うものとする。

(令3訓令8・一部改正)

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、職員の時間外勤務に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この訓令は、平成18年3月31日から施行する。

(平成19年3月28日訓令第2号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年5月1日訓令第8号)

この訓令は、公表の日から施行する。

(平成23年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(平成29年9月15日訓令第8号)

この訓令は、公表の日から施行する。

(令和2年3月31日訓令第8号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

(令和3年3月31日訓令第8号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

(平23訓令3・全改、平29訓令8・旧別記様式・一部改正、令2訓令8・令3訓令8・一部改正)

画像

(平29訓令8・追加、令3訓令8・一部改正)

画像画像

黒部市職員の時間外勤務に関する規程

平成18年3月31日 訓令第23号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第5編 事/第3章
沿革情報
平成18年3月31日 訓令第23号
平成19年3月28日 訓令第2号
平成20年5月1日 訓令第8号
平成23年3月31日 訓令第3号
平成29年9月15日 訓令第8号
令和2年3月31日 訓令第8号
令和3年3月31日 訓令第8号