○黒部市職員の特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月31日

黒部市条例第44号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項及び黒部市職員の給与に関する条例(平成18年黒部市条例第43号)第19条の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(平28条例12・一部改正)

(特殊勤務手当)

第2条 特殊勤務手当は、著しく危険、不快、不健康又は困難な勤務その他の著しく特殊な勤務で、給与上特別の考慮を必要とし、かつ、その特殊性を給料で考慮することが適当でないと認められるものに従事する職員に対して、その勤務の特殊性に応じて支給する。

2 特殊勤務手当の種別及び適用範囲並びに手当の額は、別表のとおりとする。

(委任)

第3条 特殊勤務手当の支給方法その他この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市職員の特殊勤務手当に関する条例(平成12年黒部市条例第39号)又は宇奈月町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和36年宇奈月町条例第12号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定により支給すべき理由を生じた特殊勤務手当については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成20年3月21日条例第3号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月21日条例第26号)

(施行期日等)

1 この条例は、公布の日の属する月の翌月の初日(公布の日が月の初日であるときは、その日)から施行し、この条例による改正後の黒部市職員の特殊勤務手当に関する条例(以下「改正後の条例」という。)の規定は、平成21年4月1日から適用する。

(手当の特例)

2 改正後の条例の規定の適用により医師研究手当を支給されることとなる職員が平成21年4月1日から施行日の前日までの間においてこの手当の適用の対象となる期間につきこの条例による改正前の黒部市職員の特殊勤務手当に関する条例(次項において「改正前の条例」という。)の規定により支給された医療業務従事手当の額が、改正後の条例の規定により支給されることとなる医師研究手当の額を超えるときは、当該期間の当該職員の医師研究手当の額は、改正後の条例の規定にかかわらず、その差額を改正後の条例の規定により支給されることとなる医師研究手当の額に加算した額とする。

(手当の内払)

3 改正後の条例の規定を適用する場合においては、改正前の条例の規定に基づいて支給された医療業務従事手当は、改正後の条例の規定による医師研究手当の内払とみなす。

附 則(平成25年3月21日条例第10号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の別表の規定は、平成27年4月1日以降に従事を開始する業務に係る手当について適用し、同日前に従事を開始する業務に係る手当については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月18日条例第12号)

(施行期日等)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条及び第3条の規定は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月22日条例第4号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第3号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平20条例3・平21条例26・平25条例10・平27条例9・平28条例12・平29条例4・平30条例3・一部改正)

手当の種別

適用範囲

手当の額

1 市税徴収等事務従事手当

(1) 市税及び国民健康保険税の徴収業務、同滞納処分業務の外勤に従事した職員

日額 200円

(2) 市営住宅家賃、保育料、幼稚園授業料、下水道受益者負担金、下水道使用料又は水道料金の収納業務の外勤に従事した職員

日額 200円

2 感染症防疫業務従事手当

(1) 感染症又は感染症の疑いのある患者の救護に従事した職員

日額 200円

(2) 菌の付着又は付着の危険がある物件の処理業務に従事した職員

日額 200円

(3) 家畜の防疫業務に従事した職員

日額 200円

3 行旅病人及び行旅死亡人の取扱業務従事手当

(1) 行旅病人の取扱業務に従事した職員

1件 700円

(2) 行旅死亡人の取扱業務に従事した職員

1件 1,000円

4 鳥獣の死体処理等業務従事手当

鳥獣の死体処理及び危険害虫駆除に従事した職員

1件 400円

5 用地買収及び物件移転交渉事務従事手当

用地買収等の外勤業務に従事した職員

日額 200円

6 特殊車両運転業務従事手当

除雪等で特殊車両の運転に従事した職員

日額 500円

7 水道補修業務従事手当

冬季(12月1日から3月31日まで)期間、水道補修の現場業務に従事した職員

日額 200円

8 医師研究手当

(1) 医療業務に従事した期間が1年未満の医師及び歯科医師

月額 105,000円

(2) 医療業務に従事した期間が1年以上10年未満の医師及び歯科医師

月額105,000円+月額5,000円×(期間(年)-1年)

(3) 医療業務に従事した期間が10年以上の医師及び歯科医師

月額155,000円+月額10,000円×(期間(年)-10年)

(管理職手当の支給を受ける医師及び歯科医師は300,000円を上限とし、それ以外の医師及び歯科医師は210,000円を月額の上限とする。)

9 病院業務従事手当

(1) 薬剤業務に従事した技師

日額 500円

(2) 診療放射線業務に従事した技師

日額 450円

(3) 臨床検査業務に従事した技師

日額 400円

(4) リハビリテーション業務に従事した技師

日額 250円

(5) 臨床工学業務に従事した技師

日額 400円

(6) 歯科衛生業務に従事した技師

日額 300円

(7) 視能訓練業務に従事した技師

日額 250円

(8) 介護業務等に従事した介護員

日額 450円

(9) 早出勤務に従事した職員

日額 400円

(10) 保健福祉業務に従事した職員

日額 200円

(11) 看護業務等に従事した看護師

日額 450円

(12) 助産業務等に従事した助産師

日額 550円

(13) 第1号から前号までの適用を受けない職員のうち感染等のおそれのある危険業務に従事した職員(医師及び歯科医師を除く。)

日額 200円

(14) 放射線検査作業の業務に従事した看護師及び技師(中央手術室業務に従事した看護師及び診療放射線技師を除く。)

勤務1回 100円

(15) 透析の業務に従事した看護師及び臨床工学技士

勤務1回 100円

(16) 死体の解剖業務に従事した職員(医師及び歯科医師を除く。)

1体 5,000円

(17) 救急医療等のため呼出しを受け業務に従事した職員

呼出1回 1,240円

(18) 救急医療等のため閉院日に待機を命ぜられた医師及び歯科医師

待機1回 5,000円

(19) 救急医療等のため待機を命ぜられた職員(医師及び歯科医師を除く。)

待機1回 800円

(20) 休日又は夜間の分娩業務に従事した産科医師

分娩1回 10,000円

(21) 臨床研修医の指導に従事した医師及び歯科医師

日額 500円

(22) 抗癌剤調製に従事した職員(医師及び歯科医師を除く。)

勤務1回 200円

(23) 中央手術室業務に従事した看護師

勤務1回 200円

10 夜間業務従事手当

正規の勤務時間による勤務の一部又は全部が深夜において行われる看護及び介護業務に従事した職員


(1) その勤務時間が深夜の全部を含む勤務である場合

勤務1回 7,700円

(2) その勤務時間が深夜の一部を含む勤務である場合


ア 深夜における勤務時間が4時間以上

勤務1回 4,200円

イ 深夜における勤務時間が2時間以上4時間未満

勤務1回 3,400円

ウ 深夜における勤務時間が2時間未満

勤務1回 2,500円

11 デイサービス業務従事手当

デイサービス業務に従事する職員

日額 300円

黒部市職員の特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月31日 条例第44号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第6編 与/第2章 給料・手当・旅費
沿革情報
平成18年3月31日 条例第44号
平成20年3月21日 条例第3号
平成21年12月21日 条例第26号
平成25年3月21日 条例第10号
平成27年3月19日 条例第9号
平成28年3月18日 条例第12号
平成29年3月22日 条例第4号
平成30年3月22日 条例第3号