○黒部市下立財産区営墓地条例施行規則

平成18年3月31日

黒部市規則第37号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市下立財産区営墓地条例(平成18年黒部市条例第81号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の手続)

第2条 黒部市下立財産区営墓地の使用許可を受けようとする者は、財産区事務局に備付けの申請書に所定事項を記入のうえ管理者に申請しなければならない。

(墳墓の造営等の届出)

第3条 既に使用許可を受けている墓地に墳墓の造営又は碑石形像類を建設する際は、財産区事務局に備付けの届出用紙に所定事項を記入のうえ管理者に届出承認を受けなければならない。

(使用許可証の交付)

第4条 墓地の使用を許可したときは、墓地使用許可証を交付する。

(工作物等の制限)

第5条 碑石形像類の建設する場合、次の制限を守らなければならない。

(1) 参拝通路にはみだしてはならない。

(2) 樹木の植栽は、原則として禁止する。ただし、既に植栽したものについては、碑石の高さを超えてはならない。

(3) 碑石その他工作物の傾倒倒壊又は破損したときは、速やかに修理しなければならない。

(地区外居住者に対する処置)

第6条 条例施行時既に黒部市宇奈月町下立地区に住所を有しない者若しくは条例施行後有しなくなった者は、黒部市宇奈月町下立地区に居住し、かつ、財産区議会議員の選挙権を有する者の中から1人の保証人を定め、管理者に届出しなければならない。

(使用料等の納付期限)

第7条 使用料は、許可と同時に納付しなければならない。管理料は、当分の間徴収しない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の宇奈月町下立財産区営墓地条例施行規則(昭和58年宇奈月町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

黒部市下立財産区営墓地条例施行規則

平成18年3月31日 規則第37号

(平成18年3月31日施行)